癌の早期発見を目指す英米の5つの機関による大西洋横断コラボレーション(ACED)が78億円を調達

2019
11月 14
(木)
13:00
先端診断のライフサイエンスニュース

癌の早期発見を目指す英米の5つの機関による大西洋横断コラボレーション(ACED)が78億円を調達

癌を早期に発見するための根本的な新しい戦略と技術の開発は、大西洋横断研究アライアンスの大胆な野望であり、癌の早期発見のための国際同盟(Alliance for Cancer Early Detection:ACED)は、Cancer Research UKとのパートナーにより2019年10月21日に発足が発表された。今後5年間で78億円以上の資金が提供される。

早期発見は、より多くの人が癌に打ち勝つために不可欠だ。癌が早期に発見され治療されると、患者が病気を生き残るチャンスが劇的に向上する。 早期癌と前癌状態の生物学を理解することで、医師は病気を早期に発見し、必要に応じて効果的に治療する正確な方法を見つけることができる。

そもそも癌の発生を止めることができる「正確な予防」さえ可能になるかもしない。 英国の統計は、達成可能な生存率の大きな改善を強調している。 6種類の異なる癌の5年生存率は、腫瘍が小さくなり限局性を維持するステージ1で診断された場合、癌が大きくなり周囲の組織や他の臓器に侵入し始めるステージ4で診断された場合の生存率と比較して3倍以上高くなる。
早期発見技術の進歩は、後期段階の診断を減らし、早期の治療可能な段階で診断される人々の割合を増やすのに役立ち、より多くの患者の将来を確保できる。

Cancer Research UKは、英国と米国の科学者チームとの共同研究により、この未開拓の研究分野を開始するための大胆な野望を設定している。 癌の早期発見のための国際同盟(ACED)(https://www.cancerresearchuk.org/funding-for-researchers/research-opport ...)は、Cancer Research UK、スタンフォード大学カナリアセンター、 ケンブリッジ大学、オレゴンヘルスアンドサイエンス(OHSU)ナイトキャンサー研究所、ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)、マンチェスター大学で構成されている。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(344)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



デッドボリュームわずか 6uL の次世代ディスペンサー MANTIS はマイクロダイアフラムポンプ搭載の分注ヘッドが6種類の異なるサンプル試薬を高精度自動分注します。弊社独自のマイクロダイアフラムはポンプ内の液量を固定化することで精密な分注を実現します。エアフローによりダイアフラムポンプを開閉するのでサンプル試薬の非接触超精密分注を可能にし、クロスコンタミを回避します。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

  •      

登録ユーザー数
3353人
2019年12月11日 現在
新メンバー
だれでもないひと 2019/12/11
nekoneko 2019/12/8
hitoshi 2019/12/6
apobec1 2019/12/4
かなめん 2019/12/3
shhhd 2019/11/28
けい 2019/11/27
mafumi 2019/11/26
eikipuku 2019/11/25
Katayan 2019/11/23
BOS2016 2019/11/23
ks1991 2019/11/21
ひろ 2019/11/14
すなねずみ 2019/11/12
ryuusei 2019/11/12
51 人のユーザが現在オンラインです。 (40 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 51
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会