ASHG2019 :マウスでCas9による標的外変異誘発を定量化。ガイドRNAのデザイン次第で標的外変異誘発を大幅に制限可能と報告。

カナダのトロントにある病気の子供のための病院(SickKids)のフェノゲノミクスセンター科学技術開発部長の Lauryl Nutter博士(写真)を含む研究者らは、CRISPR酵素Cas9の使用を改善し、実験マウスの標的外変異誘発の可能性を減らすための新しい方法を見つけた。

  ログインしてください。