100年以上生きるムカシトカゲの遺伝子研究で国際研究チームとマオリ族が連携

ニュージーランド固有の爬虫類であるムカシトカゲのゲノムを配列決定するために、国際研究チームがマオリ族と連携した。2020年8月5日にNatureでオンラインで公開された研究は、この古代種の進化を理解するための基礎を築き、それを保護するための保全活動に情報を与えることができる。 このオープンアクセスの論文は「ムカシトカゲのゲノムが羊膜類進化の古代の特徴を明らかにする(The Tuatara Genome Reveals Ancient Features of Amniote Evolution.)」と題されている。この研究には、オタゴ大学(ニュージーランド)とヨーロッパ分子生物学研究所のヨーロッパバイオインフォマティクス研究所(EMBL-EBI)の共同研究者が参加した。

  ログインしてください。