鉛シーケンシングで細菌細胞内の全RNA構造の同時解析を実現

ドイツのボーフムとミュンスターの研究者らは、細菌細胞内のすべてのRNA分子の構造を一度に決定する新しい方法を開発した。 これまでは、解析を各RNA分子に対して個別に行う必要があった。 正確な組成に加えて、それらの構造はRNAの機能にとって重要だ。チームは、2020年5月28日にNucleic Acids Researchでオンラインで公開された論文で、鉛(Pb)シーケンスのLead-Seqと呼ばれる新しいハイスループット構造マッピング手法について説明している。 この論文は「Lead-Seq:鉛(II)イオンを使用したin vivoでのトランスクリプトーム全体の構造プロービング(Lead-Seq: Transcriptome-Wide Structure Probing in Vivo Using Lead (II) Ions.)」と題されている。

  ログインしてください。