鉛シーケンシングで細菌細胞内の全RNA構造の同時解析を実現

2020
7月 29
(水)
09:00
遺伝子研究のバイオニュース

鉛シーケンシングで細菌細胞内の全RNA構造の同時解析を実現

ドイツのボーフムとミュンスターの研究者らは、細菌細胞内のすべてのRNA分子の構造を一度に決定する新しい方法を開発した。 これまでは、解析を各RNA分子に対して個別に行う必要があった。 正確な組成に加えて、それらの構造はRNAの機能にとって重要だ。
チームは、2020年5月28日にNucleic Acids Researchでオンラインで公開された論文で、鉛(Pb)シーケンスのLead-Seqと呼ばれる新しいハイスループット構造マッピング手法について説明している。 この論文は「Lead-Seq:鉛(II)イオンを使用したin vivoでのトランスクリプトーム全体の構造プロービング(Lead-Seq: Transcriptome-Wide Structure Probing in Vivo Using Lead (II) Ions.)」と題されている。

ルール大学ボーフム(RUB)の微生物生物学のChristian Twittenhoff氏、Vivian Brandenburg氏(写真右)、Francesco Righetti博士 およびFranz Narberhaus教授(写真左)は、RUBのAxel Mosig教授が率いるバイオインフォマティクスグループ およびミュンスター大学のPetra Dersch教授が率いるチームと協力した。
すべての生きている細胞では、遺伝情報は二本鎖DNAに保存され、一本鎖RNAに転写され、タンパク質の青写真として機能する。 ただし、RNAは遺伝情報の線形コピーであるだけでなく、しばしば複雑な構造に折りたたまれる。 一本鎖領域と部分的に折りたたまれた二本鎖領域の組み合わせは、RNAの機能と安定性にとって非常に重要だ。
RNAについて何かを学びたいのであれば、それらの構造も理解する必要がある」とNarberhaus教授は語った。 Lead-Seqを使用して、著者らは細菌細胞内のすべてのRNA構造の同時分析を容易にする方法を提示する。 その過程で、研究者らは鉛イオンが一本鎖RNAセグメントの鎖切断を引き起こすという事実を利用している。 一方、折りたたまれたRNA構造、つまり二本鎖は、鉛イオンの影響を受けない。

鉛を適用することにより、研究者らは一本鎖RNA領域をランダムな位置で小さな断片に分割し、それらをDNAに転写して配列決定した。 したがって、各DNA配列の始まりは、RNAの以前の鎖切断に対応していた。 「これは、対応するRNA領域が一本鎖として存在していたことを示している」とNarberhaus教授は説明する。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(536)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    コンスタントに高収量のライブラリーおよびシーケンス結果を得られます! 高精度の次世代シーケンシングデータを得るためには高品質なDNAライブラリーの調製が不可欠です。Enzymatics社では室温で安定な次世代シーケンサー向けライブラリー調製キットを開発しました。 SPARK DNA Sample Prep Kitには、凍結乾燥され各反応用に分けられたマスターミックスが含まれており、断片化した二重鎖DNAから次世代シーケンシング用にアダプターをライゲーションしたDNAライブラリーを調製します。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム