アルツハイマー病に関与したヒト遺伝子(MAPT)が組み込まれたマウスモデルが開発される

2019
11月 5
(火)
11:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

アルツハイマー病に関与したヒト遺伝子(MAPT)が組み込まれたマウスモデルが開発される

ミネソタ大学の研究者は、アルツハイマー病などの疾患の治療法の研究で、マウス版のアルツハイマー病関連MAPT遺伝子がヒト版の遺伝子に完全に置き換えられたマウスの系統を開発した。 完全な遺伝子置換モデルとしてこの新しい動物モデルは、MAPT遺伝子はヒトと同じように機能し、研究者は遺伝子治療をより正確に開発および評価できるようになる。
この研究は、10月16日にテキサス州ヒューストンで開催された米国人類遺伝学会(ASHG)2019年次総会(10月15〜19日)で発表された。 発表の要旨は、「マウスへのヒト遺伝学の移動:完全なヒト遺伝子置換モデル(Moving Human Genetics into the Mouse: Full Human Gene-Replacement Models.)」と題されている。
「研究者は、研究対象のマウスや他の動物モデルの遺伝子の動物バージョンを見つけて操作することで、ヒト遺伝子を長い間研究してきた」とミネソタ大学の准教授であるMichael Koob 博士は説明した。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(304)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



ルーチンのバイオセパレーションを効率化 ACQUITY Arc Bioシステムは、既に他のLCシステムで開発した分析法の一貫性を損なうことなく効率的かつ容易に移管できます。 更にバイオイナート流路設計により、タンパク質との相互作用と、高塩濃度移動相使用時における腐食を最小限に抑えることで、生体高分子分析に更なる堅牢性を付与し、システム稼働時間を最大化します。 逆相 (RP)、イオン交換 (IEX)、サイズ排除 (SEC)、親水性相互作用(HILIC)、または疎水性相互作用 (HIC) といった生体高分子の特性解析に必要な全てのクロマトグラフィーモードを同一システムで、かつ良好なサンプル回収率、低キャリーオーバー、高い堅牢性で実施可能です。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

  •      

登録ユーザー数
3341人
2019年11月18日 現在
新メンバー
ひろ 2019/11/14
すなねずみ 2019/11/12
ryuusei 2019/11/12
mommy 2019/11/12
akitsu-n 2019/11/11
Kunio 2019/11/8
kmatsu 2019/11/7
itohhh 2019/11/7
sugiyann 2019/11/6
daisuke 2019/11/6
mille 2019/11/5
Pengust 2019/11/1
c710082 2019/10/28
madosuke 2019/10/28
伏見良治 2019/10/28
16 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 16
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会