遺伝性膵臓癌に関連する遺伝子変異(RABL3遺伝子)が特定された

2019
9月 5
(木)
15:00
遺伝子研究のバイオニュース

遺伝性膵臓癌に関連する遺伝子変異(RABL3遺伝子)が特定された

膵臓癌は、治療選択肢が限られている最も致命的な癌の1つだ。 通常、進行期まで症状がなく、多くの抗がん療法に抵抗する能力があるため、特に予後不良である。 その発達に関与する遺伝子を特定することで、より早期の診断と改善された治療が可能になると考えられる。

現在、マサチューセッツ総合病院(MGH)、ブリガムアンドウィメンズ病院、およびダナファーバーがん研究所の研究者が率いる研究チームは、特定の遺伝子の突然変異が、研究対象のある家族の膵臓癌の遺伝型と関連していることを発見した。 膵臓癌の約10%は遺伝性であると考えられている(後述するJimmy Carter 前大統領の家族の膵臓癌の議論を参照)。

研究グループはまた、彼らが特定したような突然変異が腫瘍の発生に寄与するメカニズムを明らかにした。 2019年8月12日にNature Geneticsでオンライン公開されたこの研究では、複数のメンバーが膵臓癌にかかっている家族のゲノム配列を決定した。 解析により、RAS癌遺伝子ファミリー様3(RABL3)遺伝子の変異が明らかになった。 この論文は「RABL3の突然変異はKRASのプレニル化を変化させ、遺伝性膵臓癌に関連する。(Mutations in RABL3 Alter KRAS Prenylation and Are Associated with Hereditary Pancreatic Cancer.)」と題されている。
この遺伝子突然変異の影響を評価するために、研究者らはゼブラフィッシュでそれを再現した。ゼブラフィッシュは、癌リスクに対する新たに発見された遺伝子突然変異の影響を研究するための大集団モデルである。 突然変異を持っている魚は、加速された頻度で癌を発症した。 追加の研究により、RABL3によって発現されるタンパク質はRASシグナル伝達経路の構成要素と相互作用することが明らかになり、これは様々な形態の癌および他の状態に関係している。 異常なRASパスウェイシグナル伝達はほとんどの膵臓癌で見られるため、RABL3がRASパスウェイにどのように影響するかを研究することで、標的療法の新しい戦略を提供できるという。

「この仕事は、患者の話とその家族の歴史から始め、遺伝的手法を使用して遺伝子突然変異を特定し、ゼブラフィッシュ・モデルで最終的に確認した代表例だ。」とMGHの消化器内科のチーフである上級著者のWolfram Goessling医師は述べた。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(762)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ(ゲルカラム担体)です。 特にこれまで研究者のご不満の多かったラットやマウスのモノクローナル抗体も簡単・高純度に精製できます。もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム