サイエンス誌が選んだ2018年のブレークスルー「細胞ごとに胚発生を追う」を加速するエール大学での数学の進歩

カメラの進歩と同様、一般的なバイオインフォマティクスデータの可視化手法の重要な数学的更新により、単一細胞遺伝子発現のスナップショットが数倍の速さ且つ遥かに高い解像度で作成できるようになった。
2019年2月11日にNature Methodsに掲載されたこのエール大学の数学者による革新は、100万点のシングルセルRNAシーケンス(scRNA-seq)データセットのレンダリング時間を3時間以上からわずか15分に短縮するものだ。

  ログインしてください。