MS4A4A遺伝子変異体は可溶性TREM2レベルに影響し、アルツハイマー病のかかり易さに影響を与える

2019
9月 3
(火)
10:40
脳科学のライフサイエンスニュース

MS4A4A遺伝子変異体は可溶性TREM2レベルに影響し、アルツハイマー病のかかり易さに影響を与える

ワシントン大学医学部の科学者が率いる国際的な研究者チームは、遅発性および早発性双方のアルツハイマー病リスクに影響を及ぼす遺伝子ペアを特定した。 これまでアルツハイマー病に関与していたほとんどの遺伝子は、メッセージを伝達するニューロンに影響を及ぼし、脳の異なる領域が互いに通信できるようにするものだった。 しかし、新たに特定された遺伝子は、まったく異なる細胞集団、つまり脳の免疫細胞に影響を及ぼす。
2019年8月14日にScience Translational Medicineでオンラインで公開された研究成果は、アルツハイマー病の発症を遅らせるための新しい目標と戦略を科学者に提供する可能性がある。 この論文は「MS4A遺伝子クラスターは可溶性TREM2およびアルツハイマー病リスクの重要なモジュレーター(The MS4A Gene Cluster Is a Key Modulator of Soluble TREM2 and Alzheimer’s Disease Risk.)」と題されている。MS4A4AおよびTREM2として知られ特定された遺伝子は、脳の免疫細胞であるミクログリア(画像)で機能する。 遺伝子は、ミクログリア細胞が過剰量のアルツハイマー病タンパク質のベータアミロイドとタウを脳から除去するのに役立つと考えられているTREM2レベルを変え、アルツハイマー病のリスクに影響を与える。

ワシントン大学医学部の精神医学教授兼神経ゲノム情報学グループのディレクターであるCarlos Cruchaga 博士は、「研究結果は新しい治療戦略を示唆している」と述べた。 「脳脊髄液中のTREM2タンパク質のレベルを上げるために何かできるなら、アルツハイマー病から保護したり、その発症を遅らせることができるかもしれない。」

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(585)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新なターゲット増幅と世界レベルのシーケンス解析の技術を組み合わせ、Archerアッセイ、ワークフロー、解析プログラムを開発しました。 このアッセイは、独自のAnchored Mulitiplex PCR (AMP) を利用してターゲットエンリッチメントを行うことで、がんの発生や進行を司る様々な融合遺伝子やその他の遺伝子再構成を検出するためのライブラリを調製します。 Archer FusionPlexアッセ ...もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム