ロックフェラーの科学者により、ハエの小さな精巣から新しい遺伝子がどの ように発生するか洞察が引き出された

2019
9月 12
(木)
10:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

ロックフェラーの科学者により、ハエの小さな精巣から新しい遺伝子がどの ように発生するか洞察が引き出された

性別の戦いでは、遺伝的観点から、男性は革新的な側面を持っているように見える。
精巣は精子の単なる工場以上のものであることが発見された。精巣は、種の進化の原料である新しい遺伝子の出現のホットスポットとしても機能している。
ロックフェラー大学のチームは、ミバエを使用し、精子の発育中に自然のイノベーションの試みがどのように機能するかについて重要な洞察を得た。

eLifeで2019年8月16日にオンラインで公開された研究では、単一細胞レベルのDNA変異の存在と、そのような変化から生じる新しい遺伝子の活性をマッピングした。
この論文は、「精巣単一細胞RNA-SeqがショウジョウバエのDe Novo遺伝子転写と生殖細胞変異バイアスのダイナミクスを明らかにする(Testis Single-Cell RNA-Seq Reveals the Dynamics of De Novo Gene Transcription and Germline Mutational Bias in Drosophila.)」と題されている。
「我々の研究は、生物の適応と進化を可能にし最終的に地球上の生命の多様性に貢献するプロセスに関する前例のない視点を提供する」と研究を率いたロックフェラーの助教授Li Zhao博士は述べた。
近年、ハエからヒトまでの動物の研究により、精巣に由来する多くの若い遺伝子が発見された。

これらの発見および他の発見は、遺伝子の進化のために、精巣が体の最も生産的な部位、すなわち男性または女性の間でランク付けされることを示唆している。
しかし、この遺伝子変種の大量生産には重大なリスクが伴う。
たとえば、ヒトの場合、父親の精子は、正常な発育の過程で母親の卵子よりも2〜3倍多くの新しい突然変異を獲得し、その精子は遺伝的な誤りに悩まされる。
場合によって、そのような間違いは、父親の子孫を傷つけたりすることさえある。言い換えると、男性は進化のゲームで重要な1つのこと、つまり遺伝子プールを次世代に広める機会を失うことになる。

しかし、個々の男性とその子孫に潜在的なマイナス面があるとしても、生殖のダイナミクスは促進する。女性を惹きつけ、競合他者をかわす強い圧力(たとえば、より明るい羽毛やより強い精子など)を生むことができる。

分子レベルで、この圧力は精巣内の豊富な新しい遺伝子を駆動する。
科学者らは、これらの新しい遺伝子が健康な子孫を育てる男性の能力に貢献すると考えている。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(623)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    ビオチン化タンパク質を10分で簡単に精製できるスピンカラムです。 従来のストレプトアビジンと同様の強固な結合は保持しつつ、ビオチンを添加するだけで簡単にアガロースビーズからビオチン化タンパク質を溶出できます。もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム