人間やペンギンに感染するサルマラリア原虫に対するハイスループット薬物試験法が開発された

2019
9月 10
(火)
10:00
微生物/ウイルス研究のライフサイエンスニュース

人間やペンギンに感染するサルマラリア原虫に対するハイスループット薬物試験法が開発された

オタゴ大学(ニュージーランド)の2人の科学者によるサルマラリア研究のブレークスルーが、再発型ヒトマラリアを診断・治療するのに役立つかもしれない。 マラリアは蚊を媒介とする感染症で、特にアジア、太平洋、南アメリカで毎年2億人以上の症例が発生しており、人間や他の動物にも影響を及ぼす。 症状には発熱、疲労感、嘔吐、頭痛などがあり、重度の場合、発作、昏睡、または死を引き起こす可能性がある。

マラリアの再発は三日熱マラリア原虫によって引き起こされるが、最も広く分布しており、人間のマラリアの原因を治療するのは困難だ。三日熱マラリアに対する新しい薬とワクチンを開発するための現在の努力は、試験管(in vitro)培養法の欠如により妨げられてきた。しかし、世界初の発見で、Adelina Chua 博士と Jessica Ong 氏は、再発性三日熱マラリア原虫に密接に関連したサルマラリア寄生虫を培養するためのin vitro法を開発した。

「我々は三日熱マラリアを培養することはできないが、今ではほぼ同一の姉妹種を培養することができ、新しい抗マラリア薬を開発し、迅速にテストする前例のない機会を得た。」とオタゴ大学微生物学部の博士候補者は説明した。この研究からの興味深いスピンオフは、人間の再発性マラリアに対して開発された薬物は、ニュージーランド本土の絶滅危惧種である黄色目ペンギン(画像)を殺す鳥マラリアに対しても作用する可能性が高いことだという。 「我々が開発する以前は、再発性マラリアを標的とした抗マラリア薬をスクリーニングするためのハイスループットモデルは無かった。」とOng 氏は述べた。 「我々のモデルは、医薬品開発だけでなく、ワクチンおよび診断研究でも重要な役割を果たすだろう。」

2019年8月12日にNature Communicationsのオンラインで公開されたこの新しいマラリア培養法に関する論文は、「マラリア原虫カニクイザル赤血球期の堅牢な連続体外培養(Robust Continuous in Vitro Culture of the Plasmodium cynomolgi Erythrocytic Stages.)」と題されている。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(676)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール






サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム