妊娠糖尿病に関連する13の遺伝子領域が特定された

妊娠糖尿病に関連する13の遺伝子領域が特定された

妊娠糖尿病に関するこれまでで最大の遺伝子研究により、この重篤で一般的な妊娠合併症に関連する9つの新規遺伝子領域が発見されました。この研究は、ヘルシンキ大学の研究者が主導し、マサチューセッツ総合病院およびハーバード大学とMITのブロード研究所の同僚と共に行われました。妊娠糖尿病の遺伝学的背景に関する私たちの理解において重要な進歩を提供します。この病気は、世界中で年間1600万以上の妊娠に影響を与える一般的な妊娠障害であり、母親とその子供たちの健康に重大な影響を及ぼします。妊娠前に糖尿病がなかった妊婦の血糖値が上昇することが特徴です。

妊娠糖尿病が主要な世界的健康問題を構成するにもかかわらず、その分子原因に関する研究は驚くほど少ないです。現在公開されている研究は、これまでで最大のゲノムワイド関連研究(GWAS)であり、フィンランドのゲノミクスイニシアチブFinnGenからの12,000人以上の患者と131,000人の女性の対照群を含んでいます。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー