ニキビを治療する分子を産生・分泌する人工皮膚細菌が誕生

ニキビを治療する分子を産生・分泌する人工皮膚細菌が誕生

ポンペウ・ファブラ大学のトランスレーショナル合成生物学研究所が主導した実験的研究により、皮膚細菌の一種を効率的に操作して、皮脂産生を調節するタンパク質を産生させることができることが示された。この応用は、追加試験の後、ニキビ治療に使われる可能性がある。国際研究チームが、ポンペウ・ファブラ大学医学・生命科学部のトランスレーショナル・シンセティックバイオロジー研究室の主導で、皮膚細菌の一種であるCutibacterium acnesを効率的に工学的に改変し、ニキビ症状の治療に適した治療用分子を産生・分泌させることに成功しました。このエンジニアリングされた細菌は、皮膚細胞系での有効性が検証され、マウスでの配達も確認されました。この発見は、皮膚の変化や他の疾患を治療するために、従来扱うことができなかった細菌を工学的に改変する道を広げるものです。研究チームは、ベルビチェ生物医学研究所(Idibell)、バルセロナ大学、遺伝子調節センターのプロテインテクノロジーファシリティ、Phenocell SAS、メディツィニシェ・ホッホシューレ・ブランデンブルク・テオドール・フォンターネ、ルンド大学、およびオーフス大学の科学者から成ります。

ニキビは、毛包や脂腺の閉塞や炎症によって引き起こされる一般的な皮膚疾患です。その外見は、白ニキビや黒ニキビから膿疱や結節に至るまで様々で、主に顔、額、胸、上背部、肩に現れます。ニキビは思春期に最も一般的ですが、あらゆる年齢の人々に影響を与える可能性があります。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー