2017年Lasker-DeBakey Clinical Medical Research Award は、HPVによって引き起こされる子宮頸がんなど、がん予防のためのHPVワクチンの開発を可能にした技術的革新を果たしたNCIのDouglas R. LowyとJohn T. Schillerに贈られた

2017
9月 19
(火)
11:00
微生物/ウイルス研究のライフサイエンスニュース

2017年Lasker-DeBakey Clinical Medical Research Award は、HPVによって引き起こされる子宮頸がんなど、がん予防のためのHPVワクチンの開発を可能にした技術的革新を果たしたNCIのDouglas R. LowyとJohn T. Schillerに贈られた

2017年Lasker-DeBakey Clinical Medical Research Awardは、子宮頸がんその他のがんを予防するヒト・パピローマウイルス (HPV) ワクチン開発を可能にする技術の進歩に携わった2人の科学者を顕彰した。

Dr. Douglas R. LowyとDr. John T. Schiller (いずれもNational Cancer Institute所属) は、大きな公衆衛生問題に取り組み、大胆ながら計算されたアプローチで圧倒的な困難を乗り越えた。 2人は、女性のがんとしては世界的にも発生率第4位の子宮頸がんや、HPVによって引き起こされる他の悪性腫瘍、疾患の発生率と死亡率を引き下げる安全で効果的なワクチンの設計図をいくつか開発した。毎年新しく50万人を超える女性が子宮頸がんと診断され、毎年25万人を超える女性がこの悪性腫瘍のために亡くなっている。

2008年にノーベル生理学・医学賞を受賞したDr. Harald zur Hausenは、1980年代にこの疾患と特定タイプのHPVの感染との関係を突き止めている。その結果、子宮頸がんの70%程度がHPV16とHPV18によるものと判明しており、残り30%は10種の他のタイプのHPVによるものと突き止められている。

さらに、HPV16、HPV18,その他の「ハイリスク」HPVは、外陰部、膣、陰茎、肛門、咽喉などのがんの原因になっている。 他のHPVファミリーには陰部疣贅の原因になるものもあり、HPVウイルスは性行為によって伝染するが、通常、感染症状そのものは自然に治る。ところが、中にはしつこいものもあり、また、ハイリスクHPVはがん遺伝子を持っており、その活動が宿主細胞の無制限の増殖につながる。

正常細胞ががん細胞に変化するには少なくとも15年、通常はそれ以上の年月がかかる。1990年代初め頃には、危険なタイプのHPVによるしつこい感染を防ぐワクチンがかなりの規模で公衆衛生の改善となって現れていることに気づいていたはずである。

 

続きを読む
ログインしてください


    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    閲覧(2060)

    バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。もっと読む
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      登録ユーザー数
      3136人
      2019年02月19日 現在
      新メンバー
      semaglut 2019/2/16
      maxdouwe 2019/2/15
      もぐもぐ 2019/2/14
      いばくま 2019/2/14
      ymmtms 2019/2/12
      _humanme 2019/2/10
      mtsutsui 2019/2/7
      しゃけ 2019/2/7
      18 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
      登録ユーザ: 2 ゲスト: 16
      抗体よもやま話
      質量分析屋のネタ帳
      創薬よ何処へ

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。