ペスト菌が免疫システムを回避するメカニズムの解明に挑む

ペスト菌が免疫システムを回避するメカニズムの解明に挑む

細菌、ウイルス、または有害物質に遭遇した際、固有の免疫細胞である好中球は、侵入者と戦うためにその場所に集結します。しかし、細菌やウイルスにはこれらの防御を避ける方法があります。例えば、ペスト菌(Yersinia pestis)は、免疫システムから隠れることができ、病原体がホストを圧倒するまで体内で無制限に増殖することを許します。この能力により、Y. pestisは14世紀にヨーロッパ全土にペストを広げ、ヨーロッパ人口の3分の1を死に至らしめました。現代ではペストが人間の健康に深刻な脅威をもたらすことはありませんが、ルイビル大学(UofL)の研究者たちは、免疫システムを回避するY. pestisの能力をよりよく理解し、その理解を他の病原体の制御に応用するためにY. pestisを研究しています。

「人間のペストを見ると、感染しているにもかかわらず、細菌が免疫システムから隠れているため、すぐには症状が現れないことがあります。そして突然、大量の細菌が現れ、免疫システムが圧倒され、肺ペストの場合は、個体が肺炎で死亡します」と、UofLの微生物学および免疫学部門の教授であるマシュー・ローレンツ博士(Matthew Lawrenz, PhD)は言いました。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー