新発見の抗生物質ゾスラバルピン、抗生物質耐性アシネトバクター・バウマニに対する効果を実証

新発見の抗生物質ゾスラバルピン、抗生物質耐性アシネトバクター・バウマニに対する効果を実証

CNNによると、ハーバード大学とホフマン・ラ・ロシュの研究者らは、致死的な抗生物質耐性菌アシネトバクター・バウマニーに効果的な新しい抗生物質を特定したと報道しました。研究者らは、現在の抗生物質のほとんどに耐性を持ち、侵襲性感染症にかかった人の大部分を死に至らしめる菌に対処するための新しいタイプの抗生物質を開発したと述べています。この菌、アシネトバクター・バウマニーは、米国疾病予防管理センター(CDC)によると、肺、尿路、血液の重篤な感染症を引き起こす可能性があります。これは、カルバペネムと呼ばれる広域スペクトラム抗生物質のクラスに対して耐性を持っています。カルバペネム耐性アシネトバクター・バウマニー、またはCRABは、2017年に世界保健機関(WHO)が抗生物質耐性「優先病原体」のリストのトップに挙げられました。米国では、この菌は最新のCDCのデータによると、その年に入院患者に約8,500の感染症と700の死亡を引き起こしたと推定されています。

CRABは、米国の病院で見つかる感染症の約2%を占めます。アジアと中東ではより一般的で、世界中の集中治療室での感染症の最大20%を引き起こします。この菌は、病院や介護施設のような医療環境で繁殖します。感染リスクが最も高いのは、カテーテルを使用している人、人工呼吸器を使用している人、または手術からの開放傷を持つ人です。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー