悪玉細胞が善玉細胞になるとき:がん治療のために細胞の共食いを利用する

悪玉細胞が善玉細胞になるとき:がん治療のために細胞の共食いを利用する

細胞殺人事件から約 25 年が経ち、科学者らは未解決事件の謎を解明しました。ショウジョウバエからマウス、そしてヒトへと続く証拠の軌跡をたどることで、珍しいヒトの免疫不全症が共食い細胞によって引き起こされる可能性があることが明らかになりました。この発見は、新興のがん治療を強化するための有望な見通しを示しています。「この論文は、ショウジョウバエにおける非常に基本的な細胞生物学から始まり、ヒトの病気を説明し、その知識をがん治療に活用するまでを網羅しています。それぞれのステップが大発見のように感じられますが、ここにはすべてが一つの論文にまとまっています。」とカリフォルニア大学サンタバーバラ校のデニース・モンテル博士(Denise Montell, PhD)は述べています。

モンテル博士の研究室の研究者らは、2023年12月18日に「Hyperactive Rac Stimulates Cannibalism of Living Target Cells and Enhances CAR-M-Mediated Cancer Cell Killing(活性化されたRacが生存する標的細胞の共食いを刺激し、CAR-Mによるがん細胞の殺害を強化する)」と題した論文をPNASに発表し、現在、そのメカニズムと影響について調査しています。この論文はオープンアクセスで公開されています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー