光合成能力を持つ新酵母株の開発:バイオエネルギーと進化の新展開

光合成能力を持つ新酵母株の開発:バイオエネルギーと進化の新展開

ジョージア工科大学の生物科学部門の研究者らは、光にさらされることで成長が促進される世界初の酵母の株を開発しました。この研究は「Current Biology」誌に2024年1月12日に発表され、論文は「Transforming Yeast into a Facultative Photoheterotroph Via Expression of Vacuolar Rhodopsin(真空ロドプシンの発現による酵母の任意光栄養生物への変換)」と題されています。ジョージア工科大学のアンソニー・バーネッティ博士(Anthony Burnetti, PhD)、ウィリアム・ラットクリフ准教授(William Ratcliff, PhD)の研究室で働く研究者らは、酵母を光合成生物(光からエネルギーを取り入れ利用する生物)に変換することが、いかに簡単であったかについて驚いたと述べています。単一の遺伝子を移動させるだけで、光の中で暗闇よりも2%速く成長しました。細かい調整や慎重な誘導なしに、単純に機能したのです。

このように酵母に進化的に重要な特性を簡単に装備させることは、この特性がどのように起源を追い、バイオ燃料の生産、進化、細胞の老化などの研究にどう利用できるかについての理解を深める上で大きな意味を持ちます。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー