ミトコンドリアの機能と類似性を持つ巨大細菌Epulopiscium viviparusの全ゲノム解析

ミトコンドリアの機能と類似性を持つ巨大細菌Epulopiscium viviparusの全ゲノム解析

全ての細菌が同じような構造とは限りません。ほとんどの細菌は単細胞で、長さが数万分の数センチメートルです。しかし、Epulopiscium属の細菌は、肉眼で見ることができるほど大きく、よく知られた親戚であるE. coliの100万倍の体積を持っています。コーネル大学とローレンスバークレー国立研究所の研究者らは、この巨大な属の1種の完全なゲノムを初めて論文にしました。その種はEpulopiscium viviparusと名付けられました。2023年12月18日にPNASで公開された論文のタイトルは「ジャイアント細菌Ca. Epulopiscium viviparusの特異な形態と機能は、そのナトリウム動力源を中心に展開されている(The Exceptional Form and Function of the Giant Bacterium Ca. Epulopiscium viviparus Revolves Around Its Sodium Motive Force.)」です。

「この信じられないほどの巨大細菌は、多くの面でユニークで興味深い:その巨大なサイズ、繁殖の仕方、代謝ニーズを満たす方法などがです。この生物のゲノムポテンシャルを明らかにすることは、私たちの理解を大きく広げました。」と、コーネル大学農業生命科学カレッジの微生物学教授であり、研究の対応著者であるエスター・アンガート博士(Esther Angert ,PhD)は述べています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー