毒矢カエルの生存戦略:体内で毒素を安全に運搬するタンパク質を特定

毒矢カエルの生存戦略:体内で毒素を安全に運搬するタンパク質を特定

スタンフォード大学とその同僚の研究者らは、毒矢カエルが毒素を安全に蓄積できるようにするためのタンパク質を特定しました。この発見は、長年の科学的な謎を解明し、同様の分子で中毒された人を治療するための潜在的な治療戦略を示唆しているかもしれません。カフェインなどのアルカロイド化合物は、コーヒー、紅茶、チョコレートを美味しく、楽しく消費させますが、大量に摂取すると有害になる可能性があります。人間では、肝臓はこれらの化合物の適度な量を安全に代謝することができます。しかし、小さな毒矢カエルは、自分たちの食事ではるかに多くの毒性アルカロイドを消費しますが、これらの毒素を分解する代わりに、捕食者に対する防御機構として皮膚に蓄積します。

「毒矢カエルが自分自身を中毒させることなく体内で高毒性アルカロイドを運搬できる方法は長い間謎でした。私たちはこの質問に答えるために、毒矢カエルの血液中でアルカロイドを結合して安全に運搬する可能性のあるタンパク質を探すことを目指しました。」と、アメリカ、カリフォルニア州にあるスタンフォード大学の生物学部のオーロラ・アルバレス・ブジャ博士(Aurora Alvarez-Buylla, PhD)は述べています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー