デング熱の急増:南アメリカとプエルトリコでの異常な発生

デング熱の急増:南アメリカとプエルトリコでの異常な発生

デング熱が南アメリカとプエルトリコで記録的な速さで急増しています。パンアメリカン保健機構は、今年の最初の3か月で350万件以上のデング熱の症例と1,000件以上の死亡が報告されたことを確認しました。2023年全体で報告された450万件と比較すると、その急増ぶりが明らかです。

デング熱は、皮膚に感染した蚊、特にネッタイシマカ(Aedes aegypti)の刺咬により人間に伝染するウイルス性疾患です。この蚊はジカウイルスやチクングニアウイルスも運ぶことが知られています。蚊は静止した水や衛生状態の悪い場所で繁殖します。デング熱は、特に暑くて湿度の高い気候でよく見られます。今年はブラジルやプエルトリコに加え、ペルー、アルゼンチン、コロンビア、パラグアイでも発生が報告されています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill