Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

特集記事:COVID-19:ヒトゲノムの書き換え(サンフランシスコ州立大学 生物学教授・前学部長 マイケル・A・ゴールドマン博士著)

1

感染症は、ヒトゲノムを書き換える力を持っている。この100年で最も深刻な問題のひとつは、COVID-19の原因物質であるSARS-CoV-2によるものだ。病気に対する宿主の反応は、個体によって異なる宿主の遺伝的特性によって支配されている部分がある。ある遺伝子型は、他の遺伝子型よりも軽症になる可能性がある。病気の結果の違いは、感染症に対する感受性、自然免疫反応とその初期段階での感染を制御する能力、適応免疫反応とその後期段階での病気を制御する能力、そして病気が引き起こすかもしれない最も深刻な被害のいくつかを占める炎症反応における変動から生じる可能性がある。さらに、個体によって薬物療法によく反応する人とそうでない人がいる一方、ワクチン接種によく反応する人とそうでない人がいる。これらの特性や分子的な相互作用、それらを制御する基礎となる遺伝子はすべて、自然淘汰と進化の対象である。しかし、感染や治療結果の違いは、ワクチンを含む医薬品の入手可能性の違いや、社会経済的な理由に起因する感染リスクを回避するための隔離能力などのライフスタイルの選択によって生じることもある。これらの違いは遺伝学に基づくものではなく、進化的変化や病原体への適応をもたらすものでもない。

ゲスト 736人 と メンバー 3人 がオンラインです

New Members

Nishi

OffLine
バイオテクノロジー企業
2022年05月24日(火)

きよ..

OffLine
バイオテクノロジー企業
2022年05月24日(火)

jf

OffLine
バイオテクノロジー企業
2022年05月20日(金)

花凛

OffLine
大学/大学院
2022年05月17日(火)

reiryo

OffLine
大学/大学院
2022年05月13日(金)

Kida

OffLine
大学/大学院
2022年05月12日(木)

mm

OffLine
製薬会社
2022年05月11日(水)
大学/大学院
2022年05月09日(月)
大学/大学院
2022年05月09日(月)

VAN

OffLine
大学/大学院
2022年05月04日(水)

tf

OffLine
大学/大学院
2022年04月25日(月)
大学/大学院
2022年04月20日(水)