特定の脳細胞を活性化するとマウスの寿命が延びることを発見

特定の脳細胞を活性化するとマウスの寿命が延びることを発見

脳細胞は脂肪組織と連絡を取り合って細胞燃料を生産し、老化の影響に対抗している。近年の研究では、体の臓器間の通信路が加齢の主要な調節因子であることが明らかになりつつあります。これらの通信路が開いているとき、体の臓器やシステムはうまく連携して動作します。しかし、年齢と共に通信路は劣化し、臓器は適切に機能するために必要な分子や電気的メッセージを受け取ることができなくなります。

セントルイスにあるワシントン大学医学部の新しい研究では、マウスにおいて、体全体のエネルギー生産に中心的な役割を果たす脳と体の脂肪組織をつなぐ重要な通信経路を特定しました。このフィードバックループの徐々に悪化することが、自然な加齢に伴う増加する健康問題に寄与していることを示唆しています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー