妊娠中毒症の予測と重症度評価にmiRNAバイオマーカーが光を当てる

妊娠中毒症の予測と重症度評価にmiRNAバイオマーカーが光を当てる

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)が主導する研究により、マイクロRNA(miRNA)バイオマーカーのパネルは、妊娠中毒症を予測するだけでなく、その状態の重症度を示せることが明らかになりました。研究者らは当初、妊娠中毒症に関連する110種類の細胞外miRNAを特定しました。これらのmiRNAは細胞間で移動することができます。その後、機械学習の助けを借りて、マーカーを3対の関連するmiRNAのパネルに絞り込みました。このmiRNAバイオマーカーのパネルは、妊娠中毒症の軽度と重度の症例を区別することができ、既存のバイオマーカーである胎盤成長因子(PlGF)と可溶性FMS様チロシンキナーゼ1(sFlt1)比と組み合わせた場合、さらに優れた性能を示しました。

妊娠中毒症は、最大8%の妊娠に影響を及ぼす胎盤機能不全の一種です。症状には、高血圧とタンパク質レベルの上昇が含まれ、母体と赤ちゃんの両方にとって非常に危険な状態です。妊娠中毒症の治療法は現在利用可能ではなく、この状態の進行を停止させる唯一の方法は、早期に赤ちゃんを出産することです。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー