"裸のアサリ"を使い、持続可能な方法で木材を美味しくタンパク質豊富な食品に変える方法

"裸のアサリ"を使い、持続可能な方法で木材を美味しくタンパク質豊富な食品に変える方法

温室効果ガスの排出量を抑制するために、カーボンフットプリントが低い食品を見つけることが不可欠です。水生環境から得られる「青い食材」は、その解決策の一つを提供するかもしれません。イギリスの研究者らは、フナクイムシの可能性を探っています。これらの歴史的に嫌われてきた生物は、実際にはワームではなく、蛤やムール貝の親戚です。彼らは成長が早く、ビタミンB12が豊富で、廃棄された木材を健康的なタンパク質源に変えることができます。研究者らは彼らを「裸の蛤」と呼び、その結果を2023年11月20日にSustainable Agricultureに報告しました。オープンアクセス論文のタイトルは「Naked Clams to Open a New Sector in Sustainable Nutritious Food Production(裸の蛤で持続可能な栄養食品生産の新しいセクターを開く)」です。フナクイムシ(またはテレドニドワームとも呼ばれる)は、海に浸かった木材を通じてトンネルを掘り、それを彼らの家と食料にします。歴史的には無数の木製船を破壊し、今日でも毎年数十億ドル相当の沿岸インフラストラクチャー、例えば桟橋や防波堤を食い尽くしています。

彼らの名前に反して、彼らはワームではなく、フィルターを通して餌をとる蛤やムール貝の親戚で、彼らの貝殻は小さなものに減少し、木材に穴を開けるドリルビットとして使用され、削り取った削りカスを、鰓にいる細菌性の共生微生物の助けを借りて消化します。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー