ニコチンアミドリボシド・サプリメントの臨床試験で、NAD+の増加と抗老化効果を実証

2016
11月 28
(月)
17:00
食品機能/栄養研究のライフサイエンスニュース

ニコチンアミドリボシド・サプリメントの臨床試験で、NAD+の増加と抗老化効果を実証

最近発見された新しい形のビタミンB3、ニコチンアミドリボシド (NR) (写真) の初の比較臨床試験で、この化合物が人体に使用しても安全であり、さらに細胞エネルギー産生やストレス、DNA損傷に対する保護作用に重要な細胞代謝物質のレベルを高めることが明らかになった。マウスを使った研究でも、NAD+と呼ばれる細胞代謝物質のレベルを高めることには、体重増加に対する抵抗力をつけ、血糖値やコレステロール値をよくコントロールし、神経損傷を減らし、寿命を延ばすなどいくつも健康に有益な働きがあることが突き止められている。

NAD+のレベルは加齢と共に下がり、この代謝物質の欠失が加齢による健康の衰えに関係しているのではないかと言われている。動物を対象としたこの研究結果から、NAD+強化を目的とする市販のNRサプリメントを服用する人が増えた。しかし、このような市販サプリメントは、人体への効果を調べる臨床試験を受けていない。

2016年10月10日付のジャーナル、Nature Communicationsに掲載されたこの新研究は、University of Iowa Carver College of MedicineのProfessorで、Roy J. Carver Chair of Biochemistryを務めるCharles Brenner, Ph.D.が指導し、Queens University Belfast及び、試験に用いられたNRを提供したChromaDex Corp. (NASDAQ: CDXC) との協同作業で行われた。Dr. Brennerは、ChromaDexのコンサルタントを務めている。彼はまたTru NIAGEN(r) の商品名でNRサプリメントを販売するProHealthspanの共同設立者であり、今もChief Scientific Adviserを務めている。Nature Communicationsのオープン・アクセス論文として掲載されたこの論文は、「Nicotinamide Riboside Is Uniquely and Orally Bioavailable in Mice and Humans (ニコチンアミドリボシドはマウスにもヒトにも経口で生物学的に利用可能な独特な物質)」と題されている。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(9278)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム