概日時計は遺伝性と非遺伝性の両方のコンポーネントで調節されている

2020
8月 7
(金)
09:00
遺伝子研究のバイオニュース

概日時計は遺伝性と非遺伝性の両方のコンポーネントで調節されている

テキサス大学サウスウェスタン(UTSW)の研究者らによる2つの新研究では、概日時計の維持が個々の細胞の遺伝的およびランダムな手段の両方で行われていることについて説明している。
これらの研究成果は、2020年5月1日にPNAS、2020年5月27日にeLifeでオンライン公開された。これは生物の概日時計がどのように柔軟性を維持し、老化と癌への洞察を提供するものだ。
このオープンアクセスのPNASの論文は「概日周期におけるノイズ駆動型セルラー異質性( Noise-Driven Cellular Heterogeneity in Circadian Periodicity )」、オープンアクセスのeLifeの論文は「クローン細胞における概日周期のエピジェネティックな継承(Epigenetic Inheritance of Circadian Period in Clonal Cells.)」と題されている。

科学者は、生命スペクトル全体の生物が、睡眠、食事、免疫反応などの行動を支配する体内時計(1日ほどの周期を持つ)を持っていることを長い間知っていた。 ただし、個々の細胞はまた、生物から取り除かれたときに独自の時計を持ち、期間は大幅に変動する可能性があり、最大で数時間長くまたは短くなる。これらの細胞が遺伝的レベルで同じでなければならないことを考えると、細胞がこれらの異なる内部リズムの長さをどのように維持するかは不明だったとUTサウスウェスタンメディカルセンターの神経科学部門の教授であるJoseph Takahashi博士(写真)は説明した。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(532)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    機能性食品等の開発に最適な食経験のある植物から抽出したライブラリー Greenpharma Natural Food Extract Library 短期間で機能性食品やサプリメントに使用できる新しい天然物リードを発見したいとお考えですか? 食経験のある植物から抽出したライブラリー、Greenpharma Natural Food ExtractLibraryがお役に立ちます。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム