概日時計は遺伝性と非遺伝性の両方のコンポーネントで調節されている

テキサス大学サウスウェスタン(UTSW)の研究者らによる2つの新研究では、概日時計の維持が個々の細胞の遺伝的およびランダムな手段の両方で行われていることについて説明している。これらの研究成果は、2020年5月1日にPNAS、2020年5月27日にeLifeでオンライン公開された。これは生物の概日時計がどのように柔軟性を維持し、老化と癌への洞察を提供するものだ。このオープンアクセスのPNASの論文は「概日周期におけるノイズ駆動型セルラー異質性( Noise-Driven Cellular Heterogeneity in Circadian Periodicity )」、オープンアクセスのeLifeの論文は「クローン細胞における概日周期のエピジェネティックな継承(Epigenetic Inheritance of Circadian Period in Clonal Cells.)」と題されている。

  ログインしてください。