MIT で既存の分子とのクロストークを回避するタンパク質ペアを構築。 設計 されたシグナル伝達経路は、合成生物学回路を構築するための新しい戦略を 提供する

生細胞内では多くの重要なメッセージがタンパク質間の相互作用を介して伝達されている。これらのシグナルを正確に中継するためには、各タンパク質が特定のパートナーとのみ相互作用し類似のタンパク質との望ましくないクロストークを回避する必要がある。

  ログインしてください。