睡眠時無呼吸は糖尿病性黄斑浮腫の危険因子となり得る

2019
10月 30
(水)
10:00
臨床医学のライフサイエンスニュース

睡眠時無呼吸は糖尿病性黄斑浮腫の危険因子となり得る

台湾のChang Gung Memorial Hospitalによる新研究は、重度の睡眠時無呼吸が、失明や失明を引き起こす可能性のある糖尿病の合併症である糖尿病性黄斑浮腫を発症する危険因子であることを示している。 糖尿病性黄斑浮腫も、重度の睡眠時無呼吸の患者では治療がより困難であった。 初期の研究では2つの状態の関連性が弱いことが示されていたが、睡眠時無呼吸は基礎疾患を悪化させるという証拠が増えている。
この研究者らは、サンフランシスコで10月12〜15日に開催された第123回米国眼科学会でこの研究成果を発表した。

糖尿病の人が血糖値をうまくコントロールできないと、目の後ろの小さな血管が損傷する可能性がある。この状態は糖尿病性網膜症と呼ばれ、米国では失明の主な原因になっている。時には、小さな膨らみが血管から突出し、網膜に液体や血液が漏れることがある。この液体は網膜の領域に腫れや浮腫を引き起こし、はっきりと見ることができる。

睡眠時無呼吸は、呼吸が繰り返し停止および開始し、睡眠を妨害し、血中酸素濃度を低下させる睡眠障害である。酸素の低下は、血管を傷つける役割を果たす可能性のある体の多くの変化を解き放つようだ。睡眠時無呼吸の人は、高血圧、心臓発作、脳卒中、2型糖尿病を発症するリスクがある。さて目はどうだろうか?

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(210)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



内箱・棚受け一体構造で器内スッキリ簡単清掃 & 2時間半で完了、H2O2高速ECO除染 棚受けをなくし、内箱一体式にすることで、器内の部品点数を約80%削減。器内清掃時間を大幅削減、作業性が向上しました。また、トレイ面積が大きくなりより多くの培養容器が設置可能になりました。 H2O2(過酸化水素)で器内を除染します。全除染工程約135分、準備時間を入れても約2時間半の高速除染が可能です。 WVGAフルカラー液晶タッチパネルを採用。様々なプロトコルを集中管理できます。抵抗膜式タッチパネル採用により、手袋をした状態で操作可能です。 MCO-170AICUVH標準装備、MCO-170AICUV/170AICはオプションの電気錠(MCO-170EL)搭載時、扉のオートロック機能が設定可能です。ロックの解錠に、1~6桁のパスワードを設定することもできます。 USBポー ...もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

  •      

登録ユーザー数
3341人
2019年11月18日 現在
新メンバー
ひろ 2019/11/14
すなねずみ 2019/11/12
ryuusei 2019/11/12
mommy 2019/11/12
akitsu-n 2019/11/11
Kunio 2019/11/8
kmatsu 2019/11/7
itohhh 2019/11/7
sugiyann 2019/11/6
daisuke 2019/11/6
mille 2019/11/5
Pengust 2019/11/1
c710082 2019/10/28
madosuke 2019/10/28
伏見良治 2019/10/28
21 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 21
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会