米国血液学会で急性骨髄性白血病(AML)の患者特異的治療法への取り組みが報告された

2018
12月 14
(金)
11:00
臨床医学のライフサイエンスニュース

米国血液学会で急性骨髄性白血病(AML)の患者特異的治療法への取り組みが報告された

急性骨髄性白血病(AML)の患者に合わせた治療のために、白血病細胞の薬物感受性および耐性の迅速スクリーニングに進歩がみられている。 白血病幹細胞の薬物応答に関する研究は、治療が成功しなかった理由、または最初は有望な治療結果がなぜ持続しなかった理由を明らかにするかもしれない。 AMLは、ある種の血液形成細胞の重大な障害である。
この病気では、白血球に通常発達する骨髄中の特定の初期前駆細胞が適切に成熟しない。 それらは芽球と呼ばれる原始細胞として凍結され、さらに分化し成熟することはできない。これらが蓄積し、低血球数を引き起こして感染症と戦う能力を低下させ、低血小板数は生命を脅かす出血のリスクを引き起こす。
未成熟の癌性血液細胞の前駆細胞である白血病幹細胞は、AMLを増殖させ、また治療後の再発にも関与する。がんの研究者は、このデータが標準的な療法への抵抗の手がかりといくつかの患者が再発する理由に対する手掛かりとなる可能性があるため、この細胞集団で遺伝子がどのように発現するかに興味があった。
サンディエゴの第60回米国血液学会(2018年12月1-4日)で発表されたこの研究では、AMLと診断された個々の患者から採取した幹細胞および芽細胞の薬物応答パターンを調べた。 この情報は、多くのサンプルをすばやく評価してテストする最先端の方法であるハイスループットスクリーニングによって収集された。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(493)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



抗体トランスフェクション試薬Ab-Carrierは、生細胞内への抗体導入試薬です。 プロテノバが独自に開発した膜透過性人工ペプチドの機能により、細胞毒性を抑制しつつ簡単に効率良く抗体を導入できます。 Ab-Carrierは、高い膜透過活性とIgG 結合活性を有するので、非常に効率よく種々の動物種やサブクラスのIgGを生細胞に導入できます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3226人
2019年05月27日 現在
新メンバー
Dr.Key 2019/5/25
PT knz 2019/5/24
mayopi 2019/5/23
pinal 2019/5/23
Araragik 2019/5/22
hirotomo 2019/5/21
はっつ 2019/5/20
spin12 2019/5/19
しみー 2019/5/19
tomitomi 2019/5/15
Picori13 2019/5/14
ihavenam 2019/5/14
kazuya 2019/5/13
yushino 2019/5/12
Cosmo 2019/5/10
22 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 22
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。