NASAアストロバイオロジー研究所の研究者ら、非相同末端結合(NHEJ)とレトロトランスポゾンが真核生物に進化を引き起こしたと発表

ゲノムにおける相互作用は、何十億年も前の先進的な生命の発生の原動力の1つになった可能性がある。この発見は「ジャンピング遺伝子」として知られるレトロトランスポゾンへの好奇心がきっかけになった。ヒトゲノムのほぼ半分はレトロトランスポゾンで構成されているが、バクテリアにはほとんど存在しない。

  ログインしてください。