生殖ホルモンRelaxinがシグナル伝達を活性化し、心血管疾患治療に有効である可能性が発見された

2020
1月 30
(木)
11:00
臨床医学のライフサイエンスニュース

生殖ホルモンRelaxinがシグナル伝達を活性化し、心血管疾患治療に有効である可能性が発見された

健康な心臓は老化するにつれて、心血管疾患の影響を受けやすくなる。 ピッツバーグ大学の研究者らは、インスリン様ホルモンであるRelaxinが老齢ラットの心房細動(AF)、炎症、および線維症を抑制することを発見した。
この論文は「Relaxinは老化した心臓の不適応な変化をWntシグナル伝達によって逆転させる」と題されている。

健康な心臓は老化するにつれて、心血管疾患の影響を受けやすくなる。 ピッツバーグ大学の研究者らは、インスリン様ホルモンであるRelaxinが老齢ラットの心房細動(AF)、炎症、および線維症を抑制することを発見した。これらのメカニズムはまだ解明されていない。
ピッツバーグ大学の大学院生であるBrian Martin は、2019年12月6日のScientific Reportsのオンラインで公開されたオープンアクセスの論文で、Relaxinが体のシグナル伝達プロセスとどのように相互作用して、大きな治療可能性を秘めているかもしれない基本的なメカニズムを生み出すかについて議論している。
この「Relaxinは老化した心臓の不適応な変化をWntシグナル伝達によって逆転させる(Relaxin Reverses Maladaptive Remodeling of the Aged Heart Through Wnt-Signaling)」と題された論文の研究は、ピッツバーグ大学の医学部教授であるGuy Salama博士と、工学部のスワンソン工学部の大学院生研究者であるMartin氏により行われた。

「Relaxin は、20世紀初頭に発見された生殖ホルモンであり、心血管疾患の症状を抑制することが示されている」とMartin氏は述べた。 「この論文では、Relaxin 治療が、Relaxin の利点の背後にある基本的なメカニズムを明らかにする標準的なWntシグナル伝達を活性化することにより、動物モデルの電気的変化を逆転させることを示している。」

Relaxinがどのように身体と相互作用するかについて理解することは、人間の心血管疾患を治療する治療法の有効性を改善することに繋がるかもしれない。 米国の人口が高齢化するにつれて、これらの加齢性疾患の発生率は上昇すると予想されており、この主要な死因に対するより良い治療が必要だ。

米国心臓協会の報告書によると、心血管疾患の直接的な医療費の総額は2035年に749億ドルに増加すると予測されている。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(590)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    ナレッジ・ベースド・フィルターで厳選した200植物由来の800抽出物が含まれたライブラリ  Greenpharma社は最も多様性に富んだフィトケミカル製品を揃えるために、ナレッジ・ベースド・フィルターにより200植物を内因性および外因性の基準から選定しました。 これらの植物は異なる地域に自生し(外因性基準)、科・属、そして種の多様性(内因性基準)から選択されています。 オリジナリティーを高めるため、論文での引用数がまだ20以下の植物に特化しました。 Greenpharma 植物抽出物ライブラリは、植物由来の低分子の化学的多様性にアクセスする効率的ツールです。 またGreenpharma天然由来化合物ライブラリ(480のDrug-like低分子化合物を厳選したライブラリ)を補完してフィトケミカルの多様性を広げることができます。もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム