赤ちゃんと大人の脳は遊びを通じて同期していることがプリンストン大学の研究者チームによって証明された

2020
2月 6
(木)
13:20
脳科学のライフサイエンスニュース

赤ちゃんと大人の脳は遊びを通じて同期していることがプリンストン大学の研究者チームによって証明された

赤ちゃんがまだあなたと話すことができなくても、赤ちゃんと遊んでつながりの感覚を感じたことはあるだろうか? 新しい研究は、あなたが文字通り「同じ波長で」同じ脳領域で同様の脳活動を経験しているかもしれないことを示唆している。 これはほとんどの母親が本能的に知っている可能性が高いものだが、今では科学的に非常に詳細に証明されている。

プリンストン大学の研究者チームは、自然な遊びの中で赤ちゃんと大人の脳がどのように相互作用するかについての最初の研究を実施し、彼らの神経活動の測定可能な類似性を発見した。 言い換えれば、赤ちゃんと大人の脳の活動は、おもちゃとアイコンタクトを共有するにつれて、上下した。
この研究は、Princeton Baby Labで行われた。大学の研究者は、赤ちゃんが世界を見て、話し、理解する方法を研究している。

「以前の研究では、大人の脳は映画を見たり話を聞いたりすると同期することが示されたが、この『神経同期』が人生の最初の数年でどのように発達するかについてはほとんど知られていなかった」 プリンストン・ニューロサイエンス研究所(PNI)の準研究員であり、2019年12月17日にPsychological Scienceでオンライン公開された論文の筆頭著者であるElise Piazza博士はそう述べた。 この論文は「幼児と成人の脳は自然なコミュニケーションのダイナミクスで結びついている。(Infant and Adult Brains Are Coupled to the Dynamics of Natural Communication.)」と題されている。

Piazza博士と彼女の共著者ら(PNIの準研究奨学生 のLiat Hasenfratz博士、心理学および神経科学の教授および大学院研究ディレクター のUri Hasson博士、そして心理学の准教授のCasey Lew-Williams博士)は、神経の同期性が社会開発と言語学習に重要な意味を持つと仮定した。 赤ちゃんと大人の間の実際の対面コミュニケーションを研究することは非常に困難だ。

神経結合の過去の研究のほとんどは、その多くがHasson 博士の研究室で行われ、大人が横になって映画を見たり、物語を聞いたりするのを、機能的磁気共鳴イメージング(fMRI)を用い脳をスキャンした。しかし、リアルタイムのコミュニケーションを研究するために、研究者は、赤ちゃんと大人の脳から同時に脳の活動を記録できる、子供に優しい方法を用意する必要があった。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(543)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール






サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム