38の異なる腫瘍タイプからの2,600を超える全ゲノム配列の分析により、癌が発生する数年前から多くの変異が発生することが示唆された

2020年2月5日にNatureが発行するジャーナルで、全ゲノムシーケンスと癌の統合分析に関するICGC / TCGAコンソーシアムの記念碑的な努力から生まれた21のオープンアクセス研究論文が同時にオンラインで公開された :Nature Communications(8)、Nature(6)、Nature Genetics(5)、Nature Biotechnology(1)、およびCommunications Biology(1)。 この作業は、全ゲノムの汎癌解析(PCAWG)として知られる37か国の1,300人を超える科学者と臨床医の国際協力に基づいている。 この取り組みには、38種類の腫瘍タイプの2,600を超えるゲノム解析が含まれ、原発癌ゲノムの膨大なリソースが作成された。

  ログインしてください。