38の異なる腫瘍タイプからの2,600を超える全ゲノム配列の分析により、癌が発生する数年前から多くの変異が発生することが示唆された

2020
3月 12
(木)
11:50
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

38の異なる腫瘍タイプからの2,600を超える全ゲノム配列の分析により、癌が発生する数年前から多くの変異が発生することが示唆された

2020年2月5日にNatureが発行するジャーナルで、全ゲノムシーケンスと癌の統合分析に関するICGC / TCGAコンソーシアムの記念碑的な努力から生まれた21のオープンアクセス研究論文が同時にオンラインで公開された :Nature Communications(8)、Nature(6)、Nature Genetics(5)、Nature Biotechnology(1)、およびCommunications Biology(1)。 この作業は、全ゲノムの汎癌解析(PCAWG)として知られる37か国の1,300人を超える科学者と臨床医の国際協力に基づいている。 この取り組みには、38種類の腫瘍タイプの2,600を超えるゲノム解析が含まれ、原発癌ゲノムの膨大なリソースが作成された。

この中心的論文は、「全ゲノムの汎癌解析(Pan-Cancer Analysis of Whole Genomes.)」と題されている。 今回のBioQuickの投稿は、21の論文のもう1つ「2,658の癌の進化の歴史(The Evolutionary History of 2,658 Cancers)」について説明している。 21の論文すべてのタイトルとリンクは、Evolutionary History の記事の説明に従って記載する。 さらに、社説やNews & Views の記事を含む関連記事が最後に記載する。 EMBLの欧州バイオインフォマティクス研究所(EMBL-EBI)および英国のFrancis Crick Instituteの研究者は、38の異なるがんタイプからの2r、600を超える腫瘍の全ゲノムを分析し、癌の発生中のゲノム変化の年代を決定した。 癌は、ゲノムが時間とともに変化する生涯にわたるプロセスの一部として発生する。

加齢に伴い、細胞は細胞分裂後にエラー(変異)を起こさずにゲノムの完全性を維持できなくなる。 このプロセスは、さまざまな遺伝的素因や喫煙などの環境要因によって加速される。 我々の生涯にわたって、これらの変異が蓄積し、細胞が誤ってプログラムされ、癌につながる可能性がある。
科学者たちは、全ゲノムの汎癌解析(PCAWG)として知られる1,300人を超える科学者の国際共同研究の一環として、Nature で研究「2,658癌の進化史( The Evolutionary History of 2,658 Cancers )」を発表した。 このプロジェクトの目的は、さまざまな種類の癌を引き起こす突然変異の根底にあるパターンを特定してカタログ化することだ。 このリソースへのアクセスは、腫瘍の進行の理解を支援するだけでなく、早期診断と臨床的介入の可能性を開くための重要な意味を持っている。
EMBL-EBIのグループリーダーであるMoritz Gerstung博士は、次のように述べている。 「これは、癌に見られるいくつかの変化の年齢を推定し、腫瘍がどれだけ進行したかを測定するための基準を提供する。」

研究者らは、汎癌プロジェクトとThe Cancer Genome Atlas(ICGC)のデータを使用して、膠芽腫、結腸直腸および卵巣腺癌を含むいくつかの癌タイプの腫瘍発生タイムラインを作成した。 彼らの発見は、腫瘍の発達が個人の生涯に及ぶ可能性があることを示唆しているため、癌の進行を開始する突然変異は診断の数十年前に発生する可能性があることを示している。

「腫瘍細胞内の染色体数の変化は通常、腫瘍進化の後半に起こることが観察されている。ただし、多形膠芽腫などの場合には、これらの変化は診断の数十年前に起こる可能性がある」と、EMBL-EBIのポスドク研究員の Stefan Dentro 博士は述べた。「通常、細胞は奇数の染色体では非常に長く生存しないが、どういう訳かこれらの細胞は生存する。おそらく何年も後に腫瘍として検出可能性がある。」

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(565)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    化学的に多様な骨格のヒト内在性リガンドが400化合物含まれたライブラリ  Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリは、オーファン受容体の研究におけるリガンド探索や、新しい疾患代謝経路の解明に有用です。 ドラッグディスカバリーでは強いアフィニティー分子の中からヒットを選ぶので後のオプティマイズや工夫が困難であったり、他社と似通った化合物やターゲットでHTS(High Throughput Screening)を行うのでヒット率の低さが課題となっています。 Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリを用いれば、程良いアフィニティー(10nM - 1μM)で且つ化学的に多様な骨格の、毒性の無いオプティマイズ可能な新規リード分子の探索が可能です。 弊社専門家集団(生物学者、薬理学者、メディシナルケミストら)がバリデートした、無毒性でオプ ...もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム