RNA編集機能を拡張した新CRISPR技術(RESCUE)でAPOE4 アルツハイマーリスクバリアントをAPOE2非リスクバリアントに変換できることを実証。

CRISPRを基盤としたツールは、疾患関連遺伝子変異を標的にする能力に革命をもたらした。 CRISPRテクノロジーは、Cas9およびCas12酵素でDNAをターゲットにすることや、Cas13酵素でRNAをターゲットにすることなど、遺伝子とその発現を操作するツールファミリーとして成長している。 このラインナップは、突然変異に取り組むためのさまざまな戦略を提供する。

  ログインしてください。