RNA編集機能を拡張した新CRISPR技術(RESCUE)でAPOE4 アルツハイマーリスクバリアントをAPOE2非リスクバリアントに変換できることを実証。

2019
8月 8
(木)
11:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

RNA編集機能を拡張した新CRISPR技術(RESCUE)でAPOE4 アルツハイマーリスクバリアントをAPOE2非リスクバリアントに変換できることを実証。

CRISPRを基盤としたツールは、疾患関連遺伝子変異を標的にする能力に革命をもたらした。 CRISPRテクノロジーは、Cas9およびCas12酵素でDNAをターゲットにすることや、Cas13酵素でRNAをターゲットにすることなど、遺伝子とその発現を操作するツールファミリーとして成長している。 このラインナップは、突然変異に取り組むためのさまざまな戦略を提供する。
比較的一過性の疾患関連RNA変異を標的にすれば、ゲノムに永続的な変更を加えることを避けることができる。 さらに、ニューロンなどの一部の細胞タイプは、CRISPR/Cas9を介した編集が難しく、脳に影響を与える壊滅的な疾患を治療するための新戦略が必要だ。
マクガヴァン脳研究所の研究者そしてハーバード大学とMITが共同で運営するブロード研究所のコアメンバーであるFeng Zhang博士(写真)と彼のチームは、RESCUE(RNA Editing for Specific C to U Exchange)と呼ばれる戦略を開発した。 Scienceの2019年7月26日号に掲載されたこの論文のタイトルは、「プログラム可能な単一塩基RNA編集のためのシトシンデアミナーゼ(A Cytosine Deaminase for Programmable Single-Base RNA Editing.)」と題されている。

筆頭共著者であるOmar Abudayyeh 博士とJonathan Gootenberg 博士(現在、二人ともマクガヴァンのフェロー)を含むZhang 博士と彼のチームは、非活性化されたCas13を使用してRESCUEをRNA転写産物の標的シトシン塩基に導き、 望ましくないシトシンをウリジンに変換する新規の進化したプログラム可能な酵素により、RNAの指示を変更した。
RESCUEは、Zhang博士のチームによって開発されたRNAのアデニン塩基をイノシンに変換する技術であるREPAIRに基づいている。 RESCUEは、CRISPRがリン酸化部位などタンパク質の変更可能な位置をコードしたRNAをターゲットにできる条件を拡大した。 このような部位は、タンパク質活性のオン/オフスイッチとして機能し、特にシグナル伝達分子および癌関連パスウェイによく見られる。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(515)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能 Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。 従来製品の約5倍の結合能とアルカリ洗浄による再使用ができるため、従来のアフィニティ磁気ビーズでは困難だった多量の抗体精製を簡便に行うことができます。 ラット・マウスをはじめ幅広い生物種の抗体精製にご利用いただけます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3321人
2019年10月21日 現在
新メンバー
PHC 2019/10/18
Katty 2019/10/16
のりたけ 2019/10/16
samurai 2019/10/14
わたなべ 2019/10/11
bioacety 2019/10/11
おかき 2019/10/7
Tyoshi 2019/10/4
ハッシー 2019/10/4
188026 2019/10/3
しんたろうお 2019/10/3
0017os1 2019/10/1
JJJJJ 2019/9/30
seele04 2019/9/29
shokupan 2019/9/28
27 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 27
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会