ヒトY染色体遺伝子によって制御される非性器機能が発見された。なぜ特定の病気が男性と女性に異なる影響を与えるのか?その理由を解明できるかもしれない。

2020
10月 14
(水)
13:00
遺伝子研究のバイオニュース

ヒトY染色体遺伝子によって制御される非性器機能が発見された。なぜ特定の病気が男性と女性に異なる影響を与えるのか?その理由を解明できるかもしれない。

男性特有のY染色体遺伝子のあまり知られていない役割に新たな光が当てられ、COVID-19を含むさまざまな病気で、男性が女性とは異なる重症化を示すのか理由を説明することができるかもしれない。この研究成果は、モントリオール大学・モントリオール臨床研究所の実験的心臓血管生物学研究ユニットのディレクターであるChristian Deschepper医学博士によって、Scientific Reports の2020年9月10日号で報告された。
このオープンアクセスの論文は、「成体マウスの非生殖細胞における隣接するY染色体遺伝子と常染色体mRNA転写物に対するUty / Ddx3y遺伝子座の調節効果(Regulatory Effects of the Uty/Ddx3y Locus on Neighboring Chromosome Y Genes and Autosomal mRNA Transcripts in Adult Mouse Non-Reproductive Cells.)」と題されている。

「我々の発見は、Y染色体上の男性遺伝子がどのように男性細胞が女性細胞と異なって機能することを可能にするかについてより良い理解を提供する」とマギル大学の准教授でもあり、この論文の唯一の著者であるDeschepper博士は語った。 「将来、これらの結果は、いくつかの病気が男性と女性で異なって発生する理由に光を当てるのに役立つ可能性がある。」

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(432)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール




バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム