ウイルスを食べる海洋原生生物を発見か?これまでウイルスを食べる生物は知られていなかった

ウイルスは、大気から深海まで、地球上のいたるところに天文学的な数で発生する。 驚くべきことに、ウイルスの豊富さと栄養素の豊富さを考えると、それらを食物として使用する生物は知られていなかった。2020年9月24日、Frontiers in Microbiologyで、生態学的に重要な海洋原生生物の2つのグループであるコアノゾア(画像)とピコゾアンが食作用(つまり、飲み込む)によって獲物(ウイルス)を捕まえるという説得力ある証拠を発表した。このオープンアクセスの論文は「シングルセルゲノミクスが海洋原生生物によって消費されたウイルスを明らかにする(Single Cell Genomics Reveals Viruses Consumed by Marine Protists.)」と題されている。

  ログインしてください。