UCサンディエゴ校の研究グループ、細胞培養でヘパリン抗凝固剤の製造に一歩近づいたことを報告

2020
4月 23
(木)
10:00
タンパク質/糖鎖研究のバイオニュース

UCサンディエゴ校の研究グループ、細胞培養でヘパリン抗凝固剤の製造に一歩近づいたことを報告

2020年4月10日に全米科学アカデミー(PNAS)のオンライン抄録で公開された最近の研究で、カリフォルニア大学(UC)サンディエゴ校の研究者は、細胞培養でヘパリンを製造する能力に一歩近づいたことを報告している。 この論文は「ZNF263はヘパリンとヘパラン硫酸の生合成の転写調節因子である。(ZNF263 Is a Transcriptional Regulator of Heparin and Heparan Sulfate Biosynthesis.)」と題されている。
ヘパリンは強力な抗凝固剤であり、病院で最も処方されている薬物だが、細胞培養による製造は現在までのところ不可能だ。 特に、研究者らはヘパリン生合成において重要な遺伝子であるZNF263(亜鉛フィンガータンパク質263)を発見した。 研究者たちは、この遺伝子調節因子がヘパリンの工業生産への道における重要な発見であると信じている。
このアイデアは、遺伝子工学を使用して産業細胞株でこのレギュレーターを制御し、十分に制御された細胞培養でヘパリンを安全に工業生産する道を開くことだ。 ヘパリンは現在、豚の腸から薬物を抽出することによって製造されており、安全性、持続可能性、およびセキュリティ上の理由から懸念されている。 毎年数百万頭の豚が人間のニーズを満たすために必要であり、ほとんどの製造は米国外で行われている。 さらに、10年前、ブタ由来の汚染物質により数十人が死亡した。 したがって、持続可能な組換え生産を開発する必要がある。 PNASでの報告は、細胞がヘパリンの合成をどのように制御するかについての正確な洞察を提供する。
ヘパリンは、ヘパラン硫酸と呼ばれる、より一般的なクラスの炭水化物の特別なサブタイプであり、人体および細胞培養の両方で広範囲の細胞によって産生される。 しかし、ヘパリンはマスト細胞と呼ばれる特別な種類の血液細胞でのみ生産される。 今日まで、ヘパリンを細胞培養でうまく生産することはできていない。 カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者たちは、ヘパリン合成は特定の遺伝子調節因子(転写因子と呼ばれる)の制御下にある必要があると推論した。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(668)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    酵素を用いない安価で簡単な組織からの細胞単離システム incellPREPは、細胞自体の分析やその後の細胞内外の解析のために、種々の組織から非常に簡単に。且つ、確実に細胞の単離が簡単に行えます。 酵素は使用せず、使い捨てのホモジナイズ方式により細胞へのダメージを最小限にしたシングルセル懸濁液が得られます。処理時間は10分程度で、 更に、同一FFPEサンプルから、RNA及びDNAが同時に回収することも可能です。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム