遺伝子発現を調節する分子機械の「前例のない」3Dモデルが開発された。これにより多くの癌関連の突然変異がマッピング可能に。

DNA構造を修飾し癌や他のいくつかの病気で頻繁に変異しているBAF複合体(哺乳類のSWI / SNF複合体)の前例のない3次元構造モデルが作成された。ダナファーバー癌研究所のCigall Kadoch博士(写真)率いる研究チームは、ヒト細胞から直接精製されたBAF複合体の最初の3D構造の『像』を報告した。 これは実験室で人工的に合成されたのではない。ネイティブの状態で、何千もの癌関連の突然変異を複合体内の特定の場所に空間的にマッピングする機会を提供する。「この複合体が実際に細胞の核内でどのように見えるかについての3D構造モデル、つまり『像』は、今まで捉えどころのないままだった。」とKadoch博士は述べた。

  ログインしてください。