出生時のDNAメチル化 (エピジェネティック) 変化が後の素行問題に影響か

2017
8月 1
(火)
09:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

出生時のDNAメチル化 (エピジェネティック) 変化が後の素行問題に影響か

King's College LondonとUniversity of Bristolの研究チームの新研究によれば、耽溺的な性格や攻撃的な性格と関わる遺伝子に出産時に起きるエピジェネティックな変化が、児童の素行問題と関わっている可能性が示されている。

イギリスでは、児童治療専門家に紹介状が送られるもっとも多い理由は、ケンカ、ウソ、盗みなどの素行問題 (Conduct problems : CP) であり、その損失は莫大である。10歳未満で素行問題を引き起こす (早発性CPと呼ばれる) 児童は、生涯にわたる重大で慢性的な反社会的行動のリスクもはるかに高く、犯罪、福祉依存、医療ニーズなど大きな社会コストにつながる。

素行問題には遺伝因子が大きく影響していることはよく知られており、問題を起こす児童と起こさない児童の違いの50%から80%程が遺伝因子によるものと考えられている。しかし、遺伝因子と環境的影響が、特に胎児の発育期において、どのようにからみあって成長後の素行問題リスクを高めるのかということについてはほとんど分かっていない。

DNAメチル化で起きている変化は、遺伝子スイッチのオン・オフを決めるエピジェネティックなプロセスであり、それを理解することが成長後の素行問題の効果的な予防法を開発する手がかりになる可能性がある。

2017年6月12日付Development & Psychopathologyオンライン版で発表されたこの研究論文は、BristolのAvon Longitudinal Study of Parents and Children (ALSPAC) のデータを用いて、出生時のDNAメチル化と4歳から13歳までの児童の素行問題との関連を調べている。また、研究チームはそれまで早発性の素行問題と関係があるとされていた妊婦の食生活、喫煙、飲酒、日常的なストレスなど環境因子の影響も測定した。

この研究論文は、「Neonatal DNA Methylation and Early-Onset Conduct Problems: A Genome-Wide, Prospective Study (新生児の DNAメチル化と早発性素行問題: ゲノム全体にわたる前向き研究)」と題されている。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(1794)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



抗体トランスフェクション試薬Ab-Carrierは、生細胞内への抗体導入試薬です。 プロテノバが独自に開発した膜透過性人工ペプチドの機能により、細胞毒性を抑制しつつ簡単に効率良く抗体を導入できます。 Ab-Carrierは、高い膜透過活性とIgG 結合活性を有するので、非常に効率よく種々の動物種やサブクラスのIgGを生細胞に導入できます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3263人
2019年07月17日 現在
新メンバー
つくちゃん 2019/7/12
メリッコ 2019/7/11
pirotann 2019/7/10
atom12 2019/7/9
karen 2019/7/8
ままま 2019/7/7
taka59 2019/7/2
hiroko 2019/7/2
Dr.Y. 2019/7/1
minamina 2019/6/29
memeko 2019/6/28
totooo 2019/6/27
ogawar 2019/6/24
drk0311 2019/6/24
rararara 2019/6/23
21 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 21
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。