住血吸虫症、河川失明症、象皮病などの熱帯病に対し、ガーナの伝統薬が有望との研究成果。

アフリカおよび世界中の顧みられない熱帯病(neglected tropical diseases :NTD)の根絶を達成するために新薬の発見は不可欠だ。 PLOS Neglected Tropical Diseases で報告された研究成果では、ガーナ特有の3つの病気(住血吸虫症、オンコセルカ症、リンパ系フィラリア症)に対してラボで機能する伝統的なガーナの薬を特定したという。2020年12月31日にオンラインで公開されたこのオープンアクセスの論文は、「いくつかのガーナの伝統医学とその成分の抗シストソーム、抗腫瘍細胞および抗トリパノソーマの可能性(Antischistosomal, Antionchocercal and Antitrypanosomal Potentials of Some Ghanaian Traditional Medicines and Their Constituents.)」と題されている。

  ログインしてください。