住血吸虫症、河川失明症、象皮病などの熱帯病に対し、ガーナの伝統薬が有望との研究成果。

住血吸虫症、河川失明症、象皮病などの熱帯病に対し、ガーナの伝統薬が有望との研究成果。

アフリカおよび世界中の顧みられない熱帯病(neglected tropical diseases :NTD)の根絶を達成するために新薬の発見は不可欠だ。 PLOS Neglected Tropical Diseases で報告された研究成果では、ガーナ特有の3つの病気(住血吸虫症、オンコセルカ症、リンパ系フィラリア症)に対してラボで機能する伝統的なガーナの薬を特定したという。2020年12月31日にオンラインで公開されたこのオープンアクセスの論文は、「いくつかのガーナの伝統医学とその成分の抗シストソーム、抗腫瘍細胞および抗トリパノソーマの可能性(Antischistosomal, Antionchocercal and Antitrypanosomal Potentials of Some Ghanaian Traditional Medicines and Their Constituents.)」と題されている。


ガーナにおける顧みられない熱帯病への主な介入は、現在、いくつかの薬剤の繰り返し大量投与であり、これは有効性の低下と薬剤耐性の出現につながる可能性がある。 住血吸虫症、オンコセルカ症、およびリンパ系フィラリア症の慢性感染症は致命的となる可能性がある。住血吸虫症は、住血吸虫のビルハルツ住血吸虫とマンソン住血吸虫によって引き起こされる。 オンコセルカ症、または河川失明症は、寄生虫オンコセルカボルブルスによって引き起こされる。 リンパ系フィラリア症は、象皮病とも呼ばれ、寄生性の糸状虫Wuchereria bancroftiによって引き起こされる。
新研究では、ガーナ大学のDorcas Osei-Safo 博士(写真)と同僚が、ガーナ伝統医学実践者協会から、地域社会で顧みられない熱帯病の治療に使用される15の伝統薬を入手した。

おすすめの記事

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill