既存薬物のエブセレンがCOVID-19の新しい治療戦略の開発に役立つ可能性

既存薬物のエブセレンがCOVID-19の新しい治療戦略の開発に役立つ可能性

2019年後半に中国の武漢市で初めて出現したSARS-CoV-2ウイルスは、世界中で病気と死を引き起こしている。 既に承認された医薬品の転用を含め、 COVID-19 を治療するための複数のソリューションが検討されてきたが、この研究は非常に有望な治療オプションを指摘している。シカゴ大学のプリツカー分子工学大学院(PME)の研究チームは、最先端のコンピューターシミュレーションを使用して、この世界的なパンデミックの解決策を迅速に追跡できる既存の薬物を特定した。 彼らの発見は、2020年8月14日にScience Advancesのオンラインで公開された。このオープンアクセス論文は「SARS CoV 2 Main 4 Proteaseへのエブセレン結合活性の分子特性(Molecular Characterization of Ebselen Binding Activity to SARS CoV 2 Main 4 Protease)」と題されている。



2月初旬、パンデミックの急速な進展を懸念して、Juan de Pablo 博士とその生徒らは、分子モデリングの専門知識を利用して、病気の治療法を見つけた。 彼らだけではなかった。 世界中の他のグループは、SARS-CoV-2ウイルスに対する潜在的な使用について、既存の何千もの化合物を迅速にスクリーニングするためにスーパーコンピューターを使用し始めていた。
「ハイスループットスクリーニングに用いられる化合物は多数あるので、それらの計算は必然的にいくつかの単純化を伴う必要があり、その結果は実験とより洗練された計算を使用して評価されなければならない。」de Pablo 博士はそう説明した。
研究者らはまず、標的とするウイルスの弱点を見つけることに集中した。 彼らは主なプロテアーゼであるMproを選んだ。 Mproは、ウイルスのライフサイクルで中心的な役割を果たす主要なコロナウイルス酵素だ。 そのRNAを転写し、宿主細胞内でそのゲノムを複製するウイルスの能力を促進する。 Mproに対する武器として有望な医薬品はエブセレンだ(画像)。
エブセレンは、抗ウイルス、抗炎症、抗酸化、殺菌、および細胞保護の特性を持つ化合物だ。 エブセレンは、双極性障害や難聴などの複数の疾患の治療に使用されている。 エブセレンは、銀と組み合わせて、臨床的に管理が難しい5つの抗生物質耐性グラム陰性菌を治療する。 いくつかの臨床試験では、ヒトでの使用の安全性が証明されている。

エプセレンの作用機序
de Pablo博士と彼の学生らは、酵素と薬物の詳細なモデルの開発に着手した。 それらのモデルと洗練されたスーパーコンピューターシミュレーションを使用して、彼らは小さなエプセレン分子が2つの異なる方法でMproの活動を減少させることができることを発見した。

おすすめの記事

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill