脳の障害や疾患の治療を支援するために、血液脳関門を通り抜けsiRNAが前例のないほど送達できるナノ粒子ドラッグデリバリーシステムが開発された。

過去数十年の間に、研究者は神経変性疾患につながる生物学的経路を特定し、それらを標的とする有望な分子剤を開発した。 しかし、これらの臨床的に承認された治療への変換は、血液脳関門(blood-brain barrier:BBB)を越えて脳に治療薬を送達する際に直面する課題のために、なかなか進まずにいる。 脳への治療薬の送達を成功させるために、ブリガムアンドウィメンズ病院とボストンチルドレンズホスピタルのバイオエンジニア、医師、および共同研究者のチームは、マウスの物理的に損傷した/または 無傷のBBB を使いナノ粒子プラットフォームを作成した。外傷性脳損傷(traumatic brain injury: TBI)のマウスモデルでは、この送達システムが従来の送達方法の3倍の脳内蓄積を示し、治療的にも効果的であり、多くの神経障害の治療の可能性を開く可能性があることが観察された。

  ログインしてください。