CRISPR-Cas9の輸送にCRISPR-Goldを用い、マウス・モデルでデュシェンヌ型筋ジストロフィー突然変異を治療

2017
10月 24
(火)
10:30
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

CRISPR-Cas9の輸送にCRISPR-Goldを用い、マウス・モデルでデュシェンヌ型筋ジストロフィー突然変異を治療

University of California, Berkeleyの研究グループは、CRISPR-Cas9遺伝子編集技術を細胞内に送り込む方法を新しく考案し、マウス・モデルを使って、筋肉衰弱の疾患であるデュシェンヌ型筋ジストロフィーを引き起こす突然変異を修復できることを確かめた。この新研究では、デュシェンヌ型筋ジストロフィーのマウスにCRISPR-Goldと名付けられたCRISPR-Cas9輸送系を1回注射するだけで、対照グループに比べて突然変異遺伝子修復率18倍、筋力と敏捷性テストで2倍の成績を達成した。

この研究の共著者で、UC BerkeleyのMolecular and Cell BiologyとChemistryの教授を兼任するDr. Jennifer DoudnaとMax Planck Institute for Infection Biology所属のEmmanuelle Charpentierが、2012年にCas9タンパク質を転用して、安価、正確かつ使いやすい遺伝子編集技術を開発して以来、研究者は、CRISPR-Cas9を基礎とした治療法が遺伝病の治療に革命をもたらすのではないかと期待している。しかし、遺伝病治療法の開発は、医学界でも依然として難問のままである。それというのも、遺伝病のほとんどは、疾患の原因となる遺伝子の突然変異を正常なシーケンスに回復することでしか治療できず、従来の治療法ではそれは不可能だからである。しかし、CRISPR/Cas9なら、突然変異したDNAを切断し、相同組換えDNA修復を開始することで遺伝子突然変異を修復できるのである。ただし、このCRISPR-Cas9ベースの治療法を実現するためには、Cas9、Cas9を特定の遺伝子に導くガイドとなるRNA、ドナーDNAなど必要な材料を安全に細胞に送り届ける手段を開発しなければならない。

CRISPR-Cas9を細胞に送り込む一般的なテクニックとして、ウイルスを用いる方法があるが、その方法にもいくつも厄介な問題がある。このCRISPR-Goldの場合にはウイルスを必要としない。BerkeleyのバイオエンジニアリングのNiren Murthy、Irina Conboy両教授の研究室の指導で行ったこの新研究では、金のナノ粒子を主要材料とするCRISPR-Goldという新しい手法で、Cas9という、DNAに結合切断するタンパク質、ガイドRNA、ドナーDNAをともに生体の細胞に送り込み、遺伝子突然変異を修復できることを実証している。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(2212)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



機能性食品素材成分等の免疫賦活作用に関するエビデンスデータ取得を支援するマクロファージ受託評価試験サービスを提供しています。 これまでに自然免疫応用技研では様々な企業様から免疫活性化成分(βグルカン、乳酸菌、クロレラ等)の評価試験を受託した実績を有しています。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3281人
2019年08月20日 現在
新メンバー
52-24 2019/8/20
みわんこそば 2019/8/20
ttsuji 2019/8/19
mater 2019/8/14
HKSRDC 2019/8/13
kyo03 2019/8/13
Messi 2019/8/9
のん 2019/8/9
メッシ 2019/8/9
Anton Pa 2019/8/8
aiueo 2019/8/6
タムタム 2019/8/5
栄ちゃん 2019/8/3
しの 2019/7/31
よしおか 2019/7/30
29 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 29
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。