1型糖尿病に関与する新たな免疫細胞を発見。B細胞とT細胞の悪役ハイブリッドが膵臓のインスリン産生細胞への強力な自己免疫攻撃を促進。

2019
6月 6
(木)
11:00
免疫学のライフサイエンスニュース

1型糖尿病に関与する新たな免疫細胞を発見。B細胞とT細胞の悪役ハイブリッドが膵臓のインスリン産生細胞への強力な自己免疫攻撃を促進。

医学界のネッシー探しに例えられるかもしれない発見が、ジョンズホプキンス医学、IBM Research、および他の4つの共同研究機関からなる研究チームによって行われた。1型糖尿病の発症に重要な役割を果たす可能性がある疑わしい「X細胞」として、「悪役ハイブリッド」免疫系細胞についての存在が初めて報告された。

Cellの2019年5月30日号の特集として発表された新しい論文の中で、異常なリンパ球(一種の白血球) - 正式には二重発現細胞(DE)細胞として知られている - を報告している。 このオープンアクセスの論文は、「1型糖尿病患者由来の特有の二重受容体発現リンパ球に存在するパブリックBCRは強力なT細胞自己抗原をコードする(A Public BCR Present in a Unique Dual-Receptor-Expression Lymphocyte from Type 1 Diabetes Patients Encodes a Potent T Cell Autoantigen.)」と題されている。

「我々が同定した細胞は、適応免疫系の2つの主要な主力であるBリンパ球とTリンパ球の間のハイブリッドである」とジョンズホプキンス大学学校の病理学准教授Abdel-Rahim A. Hamad博士は述べた。「X細胞が存在することだけでなく、それが1型糖尿病を引き起こすと考えられている自己免疫応答の主要な推進力であるという強力な証拠があることを我々の発見は示している。」

1型糖尿病は、以前は若年性糖尿病またはインスリン依存性糖尿病として知られているが、膵臓のβ細胞が破壊されてインスリン(画像)、つまり人の血糖値を調節するホルモンが破壊される慢性疾患だ。 主に小児期に診断されるが、すべての年齢で発病し、この病気は米国のすべての糖尿病ケースの5%と10%の間で、またはおよそ130万人を占めている。 ほとんどの専門家はそれが自己免疫疾患(免疫システムが正常で健康なβ細胞を危険と間違えて排除する自己免疫疾患)であると信じているが、その根底にある細胞レベルでのメカニズムを明らかにするのは困難だった。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(563)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能 Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。 従来製品の約5倍の結合能とアルカリ洗浄による再使用ができるため、従来のアフィニティ磁気ビーズでは困難だった多量の抗体精製を簡便に行うことができます。 ラット・マウスをはじめ幅広い生物種の抗体精製にご利用いただけます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3281人
2019年08月20日 現在
新メンバー
52-24 2019/8/20
みわんこそば 2019/8/20
ttsuji 2019/8/19
mater 2019/8/14
HKSRDC 2019/8/13
kyo03 2019/8/13
Messi 2019/8/9
のん 2019/8/9
メッシ 2019/8/9
Anton Pa 2019/8/8
aiueo 2019/8/6
タムタム 2019/8/5
栄ちゃん 2019/8/3
しの 2019/7/31
よしおか 2019/7/30
27 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 27
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。