抗精神病薬はトリプルネガティブ乳癌に対して有効かもしれない

2018
11月 1
(木)
17:10
創薬研究のライフサイエンスニュース

抗精神病薬はトリプルネガティブ乳癌に対して有効かもしれない

一般的に使用されている抗精神病薬は、治療が最も困難なトリプルネガティブ乳癌に対しても有効であるという新たな研究が発表された。英国のブラッドフォード大学が率いるこの研究では、ピモジド(pimozide)がトリプルネガティブ乳癌の他、最も一般的なタイプの肺がんをも治療できる可能性があることが示された。
抗精神病薬は、抗癌特性を有することが知られており、精神分裂症を有する人々の間でがんの発生率が低下しているとは言い難いが、いくつかの研究がある。2018年10月9日にOncotargetにオンラインで公開されたこの新しい研究は、これらの薬物の1つがトリプルネガティブ乳癌に対してどのように作用し、最初の標的治療法である可能性について初めて明らかにした。

ブラッドフォード大学のMohamed El-Tanani教授(写真)は、「トリプルネガティブ乳癌は、生存率が低く、再発リスクが高いことから、限られた標的治療のみが行われている唯一の乳癌である 我々の研究は、ピモジドがこのギャップを埋める可能性があることを示しており、既に臨床応用されているので臨床試験に迅速に移行する可能性がある」と語った。

ブラッドフォード大学、ベルファスト女王大学(北アイルランド)、サラマンカ大学(スペイン)の研究者らは、トリプルネガティブ乳癌細胞、非小細胞肺癌細胞、および正常乳房細胞について、実験室でピモジドを試験した。彼らは、最も高い投薬量で、正常細胞のほんの5%と比較して、癌細胞の90%が薬物による治療後に死亡したことを発見した。
研究者らは、トリプルネガティブ乳癌を移植したマウスでこの薬剤を試験した。 ピモジドで治療したマウスの腫瘍は、未治療のマウスよりも65%小さく、腫瘍の数は61%まで減少した。この薬はまた、がんの広がりを予防するのにも役立った。治療されたマウスは、ピモジドを投与されていないマウスより、肺の転移が94%少なくなった。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(602)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3162人
2019年03月19日 現在
新メンバー
HYHYHY 2019/3/18
manuchem 2019/3/18
きゅうまる 2019/3/15
PlumpJac 2019/3/15
05145 2019/3/14
satoshik 2019/3/14
yhq08399 2019/3/14
Tak Yama 2019/3/13
31 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 31
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。