チェックポイント阻害剤による第一選択治療でメラノーマ脳転移患者の全生存期間が改善

2018
8月 9
(木)
10:30
臨床医学のライフサイエンスニュース

チェックポイント阻害剤による第一選択治療でメラノーマ脳転移患者の全生存期間が改善

米国コホートの結果からメラノーマ脳転移(MBM: melanoma brain metastases)を有する皮膚メラノーマ患者のうち、チェックポイント阻害剤を用いた第一選択治療では、全生存期間の中央値が1.4倍増加していた。

これらの結果は、Cancer Immunology Researchの2018年7月12日にオンラインで公開された。 この論文は、「免疫チェックポイント阻害療法の時代におけるメラノーマ脳転移のリスク調整後の生存の改善:全国コホートの結果(Improved Risk-Adjusted Survival for Melanoma Brain Metastases in the Era of Checkpoint Blockade Immunotherapies: Results from a National Cohort.)」と題されている。この研究の筆頭著者は、ブライアン・アンド・ウィメンズ病院/ハーバード大学医学部のポスドク研究員であり、ダナ・ファーバーがん研究所の医学腫瘍科であるJ. Bryan Iorgulescu博士だ。 上席著者は、ブリガム・アンド・ウイメンズ病院、ハーバード大学医学部脳神経外科およびダナ・ファーバー癌研究所 神経腫瘍センターのTimothy Smith 博士である。

「免疫チェックポイント阻害療法は、進行したメラノーマ患者のケア方法に革命をもたらし、多くの患者で長期にわたる治療反応を導く」とIorgulescu博士は語る。しかし、免疫チェックポイント阻害療法の早期臨床試験の多くには、脳転移の患者数は少なかった - その発生率は高いにもかかわらず、このようなエキサイティングな療法の生存率は、この患者のかなりの部分で不明だった」

 

続きを読む
ログインしてください


    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    «

    閲覧(458)

    おすすめ製品・サービス

    iRepertoire TCR/BCRレパートリー プライマーセット:次世代シーケンサーによる網羅的シーケンス解析
    次世代シーケンシングによる免疫レパートリーの配列決定 次世代シーケンシングは、免疫レパートリーのV領域(またはV(D)J配列)をパラレルに数百万の塩基配列決定を可能にしますが、次世代シーケンサーの多くは配列のread-lengthに限界があります。 そこでiRepertoire社では、様々なread-lengthに対応したヒト・マウス免疫細胞のCDR3領域をカバーするマルチプレックスPCRプライマーセットを供給しています。

    おすすめ製品・サービス

    抗体トランスフェクション試薬 Ab-Carrier
    抗体トランスフェクション試薬Ab-Carrierは、生細胞内への抗体導入試薬です。 プロテノバが独自に開発した膜透過性人工ペプチドの機能により、細胞毒性を抑制しつつ簡単に効率良く抗体を導入できます。 Ab-Carrierは、高い膜透過活性とIgG 結合活性を有するので、非常に効率よく種々の動物種やサブクラスのIgGを生細胞に導入できます。
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      登録ユーザー数
      3035人
      2018年08月17日 現在
      新メンバー
      kojik 2018/8/8
      風の神様 2018/8/3
      marceb! 2018/8/3
      ryoshino 2018/7/31
      moomo 2018/7/30
      shishi 2018/7/28
      須藤 慎 2018/7/27
      masa_blu 2018/7/26
      9 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 9
      抗体よもやま話
      質量分析屋のネタ帳
      創薬よ何処へ

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。