UWマディソンで開発された幹細胞技術が自閉症リスクの新たな理解に貢献

UWマディソンで開発された幹細胞技術が自閉症リスクの新たな理解に貢献

ウィスコンシン大学マディソン校で開発された、脳と脊髄組織の "ロゼット "を成長させる技術は、自閉症に関連する遺伝子変異がヒトの脳発達の初期段階にどのような影響を及ぼすかについての最近の研究を含め、科学者たちに成長するヒトの脳を研究する新しい方法を提供します。この技術は、幹細胞を使用して胚性前脳または脊髄組織構造である「神経ロゼット」を生成するスクリーニングツールであるRosetteArray技術を使用しています。神経ロゼットは、より大きく、より複雑な器官に似た細胞のクラスターであるヒト幹細胞由来の神経オルガノイドを生成するための出発材料であり、異なる遺伝的構成または化学物質への曝露が神経発達障害のリスクを高めるかどうかを評価するために使用できます。

「この技術により、ヒト中枢神経系発達の胚性モデルにアクセスできるようになります。これは有用です。なぜなら、私たちはヒトの発達についてより多くを理解することができるだけでなく、それがいつ間違っているのかを理解することができるからです。」と、ウィスコンシン大学マディソン校のバイオメディカルエンジニアリング教授であり、幹細胞および再生医学センターの副所長であるランドルフ・アシュトン博士(Randolph Ashton, PhD)は言います。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー