Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

進行性白血病の生存率向上に、あるRNA結合タンパク質の除去が有効であることがマウスによる研究で判明

UCLA Jonsson Comprehensive Cancer Centerの科学者が主導したマウスを用いた研究によると、まれで攻撃的なサブタイプの白血病でしばしば過剰に発現するタンパク質を除去することで、癌の進行を遅らせ、生存の可能性を大幅に高めることができるという。この研究成果は、RNA結合タンパク質であるIGF2BP3(insulin-like growth factor 2 mRNA-binding protein 3)を多く含む癌、特に混成系統白血病(MLL)遺伝子の染色体再配列を特徴とする急性リンパ性白血病および骨髄性白血病に対する標的治療法の開発に役立つ可能性がある。この研究成果は、2021年6月29日にLeukemia誌のオンライン版に掲載され、がんの標的治療法の開発に役立つ可能性がある。このオープンアクセス論文は、「RNA結合タンパク質IGF2BP3はMLL-AF4-Mediated Leukemogenesisに重要である(The RNA-Binding Protein IGF2BP3 Is Critical for MLL-AF4-Mediated Leukemogenesis)」と題されている。

  ログインしてください。

ゲスト 770人 と メンバー 3人 がオンラインです

New Members

masshy

OffLine
その他
2022年01月20日(木)
大学/大学院
2022年01月19日(水)
バイオテクノロジー企業
2022年01月19日(水)

wata

OffLine
製薬会社
2022年01月18日(火)

Yuka

OffLine
大学/大学院
2022年01月14日(金)
製薬会社
2022年01月05日(水)

NS

OffLine
化学メーカー
2022年01月05日(水)

murases

OffLine
化学メーカー
2022年01月03日(月)

Masa

OffLine
大学/大学院
2021年12月31日(金)

のり

OffLine
診断薬メーカー
2021年12月29日(水)