使用済みのmiRNAを分解する細胞メカニズムが発見された。

テキサス大学サウスウエスタン(UTSW)の研究者は、細胞内のタンパク質の量を調節する遺伝子分子であるマイクロRNA(miRNA)を分解する細胞のメカニズムを発見した。 2020年11月12日にサイエンスのオンラインで報告されたこの研究成果は、細胞の内部の働きに光を当てるだけでなく、 最終的には、感染症、癌、および他の多くの健康問題と戦うための新しい方法につながる可能性がある。 この論文は、「ユビキチンリガーゼは、テーリングとトリミングとは独立して、ターゲットに向けられたマイクロRNAの崩壊を仲介する(A Ubiquitin Ligase Mediates Target-Directed Microrna Decay Independently of Tailing and Trimming.)」と題されている。

  ログインしてください。