使用済みのmiRNAを分解する細胞メカニズムが発見された。

使用済みのmiRNAを分解する細胞メカニズムが発見された。

テキサス大学サウスウエスタン(UTSW)の研究者は、細胞内のタンパク質の量を調節する遺伝子分子であるマイクロRNA(miRNA)を分解する細胞のメカニズムを発見した。 2020年11月12日にサイエンスのオンラインで報告されたこの研究成果は、細胞の内部の働きに光を当てるだけでなく、 最終的には、感染症、癌、および他の多くの健康問題と戦うための新しい方法につながる可能性がある。 この論文は、「ユビキチンリガーゼは、テーリングとトリミングとは独立して、ターゲットに向けられたマイクロRNAの崩壊を仲介する(A Ubiquitin Ligase Mediates Target-Directed Microrna Decay Independently of Tailing and Trimming.)」と題されている。



遺伝子には生物の体内のすべてのタンパク質を作るための指示が含まれていることが以前より知られている。ただし、さまざまなプロセスによって、どのタンパク質が生成されるかどうか、そしてその量は規制されている。 これらのメカニズムの1つには、miRNAが関与している。これは、細胞内のメッセンジャーRNA(mRNA)の相補的な断片を分解し、mRNA配列がタンパク質に翻訳されるのを防ぐ遺伝物質の小さな断片だ。

1993年にmiRNAが発見されて以来、研究者らは何百もの異なるmiRNA分子とその標的、およびそれらの産生、成熟、発達、生理学、疾患における役割を制御するメカニズムに関する豊富な知識を蓄積してきた。 ただし、UTSWの分子生物学部の教授兼副学部長の Joshua Mendell博士(写真)と博士研究員のJaeil Han博士は、miRNAの使用が終了したときに、細胞がmiRNAをどのように処理するかについてはほとんど知られていなかったと説明した。

「miRNA分子が細胞内に付着している限り、それらは標的mRNAからのタンパク質の産生を減少させる」とハワードヒューズ医学研究所(HHMI)の研究者でUTSWメディカルセンターのメンバーであるMendell博士は説明する。 「したがって、細胞が不要になったときにmiRNAを取り除く方法を理解することは、細胞がいつどのように仕事をするかを完全に理解するために極めて重要だ。」

この質問に答えるために、Mendell博士、Han 博士、および彼らの同僚は、遺伝子編集ツールCRISPR-Cas9を利用した。Mendell博士は、「分子はさみ」として機能することで、このシステムは個々の遺伝子を切り出し、研究者がそれらの機能を探求できるようになったと述べている。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー