高圧酸素治療はテロメアを伸ばし老化細胞の数を減らすという、老化プロセスの停止/逆転のエビデンスが発表された

イスラエルのテルアビブ大学とシャミール医療センターによる新研究は、健康な老化した成人の高圧酸素治療が血球の老化を止め、老化プロセスを逆転させることができることを示した。 生物学的な意味で、成人の血球は治療が進むにつれて実際に若くなるという。この研究者らは、圧力チャンバー内の高圧酸素によるユニークなプロトコルによる治療が、老化とその病気に関連する2つの主要なプロセス(テロメアの短縮と体細胞の機能不全による古い蓄積)を逆転させることができることを発見した。 被験者の血液から得られたDNAを含む免疫細胞に焦点を当てたこの研究では、老化細胞の存在下でテロメアの最大38%の延長と、最大37%の老化細胞の減少が発見された。

  ログインしてください。